FC2ブログ

2019-09


四季で午後茶

この旅行で楽しみにしていたことが
2つありました。
(どちらも食べ物関係。食い意地張っててすいません)
その1つが
Four SeasonsでのAfternoon Tea.
Toronto International Film Festival
に招待された有名芸能人がここで
お茶するという話を小耳に挟んで以来
行ってみたかったんです。(ミーハー)
だんなとお茶飲んでも楽しくないので
モーちゃんと仲良く行ってきました。

Picture 5833

このガラス張りの温室みたいなところで
お茶が振舞われます。
Four Seasonsということで
もっとゴージャスなのを想像してたら・・・
なんか中級ホテルのコーヒーショップって感じ?

four seasons

これです。(ホテルのサイトから写真拝借)
ペニンシュラであった
チェロの生演奏などあるわけもなく
クラシック音楽はCD。
ホテルによっては子供用アフタヌーンティーも
用意されてるけど
ここはそんなのなし。
6歳でも大人とおんなじ料金ガッポリ取られます。
悩むほどない種類の中から
私はアールグレイ、
モーちゃんはワイルドベリーのお茶を注文。

Picture 5834

ほんわりベリーの香りがするお水を
持ってきてくれます。
茶漉しが珍しい娘。

Picture 5836

待つこと3分。
ジャ~ンと登場・・・と言いたいところだけど
二人分のトレイはちょっと寂しい。

Picture 5837

スイーツ。
チョコレートケーキ、アップルタルト、
イチゴのムース、あと忘れた。

Picture 5839

チキンサラダサンド、スモークサーモンロール、
アップルとエイジチェダーのサンド、あと忘れた。
どれもこれもふつ~においしい。
チョコレートケーキ、チキンサラダサンドイッチを
大層気に入ったモーちゃん、
小さいくせに舌の肥えた子だわなんて
思ったのもつかの間・・・
これ以外は全部アウト。
もういらない~と言ってからは、

Picture 5843

ひたすらお茶を
ズビズビ啜ってました。
優雅であるはずのアフタヌーンティーも
子供と2人だと優雅のゆの字もありません。
会話もそんなにないもんだから
あっという間にお茶もお菓子も平らげ(私の分)
30分ほどで終了。
小さいうちから、こういう機会を与えることは
社会の勉強になると言うけれど
我が家ではもうないでしょう。
教訓
アフタヌーンティーはお友達と行きましょう。

Four Seasons Hotel Toronto
21 Avenue Road
Toronto, ON M5R 2G1, Canada
アフタヌーンティー お一人様 35カナダ�

Picture 5848

ほとんどお持ち帰り用になってしまった
モーちゃんのサンドイッチ+焼き菓子。
箱、立派。
味のよくわからないだんなとマー坊に
2分で食べられました。

Picture 5910
Picture 5932

私とモーちゃんがお茶してる間
男性チームは
Hockey Hall of Fameをフラフラ。
こちらは、女性チームと違って
時間を持て余すことなくじっくり楽しんだようです。
次の日もまた行っちゃうぐらい
気に入った模様。
スポンサーサイト



● COMMENT ●

あはははは!!

ごめんなさいっ。
もう読んでて笑い転げちゃった!!

>だんなとお茶飲んでも楽しくないので
↑激しく同意。

Four Seasonのアフタヌーンティー私も行きたいです。
でもやっぱりこういう所はお友達と行きたいですよねー。

あのベリーの香りのするお水に興味津々。
いやぁ、同意するところが多くて楽しかった。
あ、ウケすぎ??ごめんなさい。
ひたすらお茶をズビズビ啜るモーちゃん、可愛いです♪

30分で退散とは、ほんと、優雅のゆの字もないね。笑

でも、モーちゃんの歳で2度目のアフタヌーンティって、ペース速くない?

私は小4まで、残った給食を男子と奪い合う、
質より量で生きてきたのに・・・。
てっきり私と同じ道をたどってくれると思ってたから、残念だわ。
あっ、でも高級旅館で、カニや刺身を前に、食べれるものが無くて、
ひたすら味噌汁をすすってたことがあったなぁ。
やっぱり一緒だね♪

なんだか 楽しんでるね~。。
も~ちゃんと お茶なんて いいね~。。
これが ず~~と続いて欲しいよね。
歳頃になって 一緒に行きたくな~い とか言われると淋しいし。。

夏休み 会えるといいんだけど。。。

忙しそうだね。。。

あははw なんかかわいくて笑ってしまいました。
娘ちゃんかわいい~ お茶をすすってるのがとってもかわいいw
やっぱり優雅に女子のお友達と行くのがいいんですね・・w

モーちゃんすごい、かわいい~。
写真見てると、どのデザートも美味しそうに見えるけど、確かに2人様のトレイだと寂しそうかも・・・

子供と一緒だと長居はできません、確かに。何処に行っても”まだぁ~?”ばっかりで。やっぱりお話しながらのティータイムがいいよねって、わたしもそういう時間はほぼ皆無だけど。

別行動うらやまし~。やっぱり自分のやりたいことをやってる方がいいよね。トロント一泊二日お疲れ~、夏休みを有効に過ごしてるね。

アフタヌーンティーの様子、なんだか納得~。
うちの娘も連れて行ったら同じような感じだろうなーって。

うちもトロントへ行くことになったら別行動にしようかな。ホッケー好きの旦那が息子にあれこれ説明をしながら見学中に、娘と私は買い物。。。
ケンカにならなくてよさそうだわ。

apiapiさんへ

笑ってもらってなんぼの精神なので
ウケてくれてうれしいです。(笑)
いや~、でもホントにだんなとお茶しても
面白くないし・・・
激しく同意してくれてうれしい。
ランチにしろ、お茶にしろ、ショッピングにしろ
やっぱり女友達と行くのが楽しいですよね~。
ベリーの香りのお水、最近かわいいもの好きの娘には
好評でした。

JJちゃんへ

6歳にしてアフタヌーンティーを経験する娘。
セレブの家に生まれたので、社交界に出ても
恥ずかしくないようにしておかないとね。
こうなることは、薄々気づいていたとはいえ、
ホントなにしに来たんだか?状態だったよ。
モーちゃん、お茶も一杯飲んで終わり。
もったいないから、彼女の分までがぶ飲みしてたら
その後トイレが近くて困ったわ。
早くあなたと大人の時間を過ごしたいです。

コロさんへ

娘とアフタヌーンティー、いつかは
やってみたいと思ってたけど
ちょっと早過ぎたみたいよ。
なんか全然優雅な時間じゃなかったし・・・
10歳ぐらいになったら、またチャレンジしてみようかな。
その頃には、母親より友達と
遊ぶほうが楽しくて相手にされないか・・・

Mikkiさんへ

やっぱり、ランチやお茶は女友達と行くのが
ベストだね。
家族だとその分、出費も増えるし・・・(せこい)
娘とアフタヌーンティーってもっと優雅なもの
想像してたけど
全然違ってたわ。(笑)

sayさんへ

デザートもサンドイッチも、おいしかったよ。
こっちにありがちな甘いだけって
ケーキじゃなくて、素材の味を活かした
ケーキだったので大満足。
6歳になったから、もう少しゆっくりお茶を飲めるかな
なんて思ってたけど、甘かったよ。
別行動、大正解。兄妹もケンカしなかったし、
なによりも夫婦ケンカがなくてよかったわ。(笑)

MIQさんへ

アフタヌーンティー、娘には
ちょっと早過ぎたみたいだわ。
お茶しに行く?って聞いたら
うん!ってすごくはりきってたのに
始まって10分ほどで興味がなくなったらしい。
こういうのは女友達と行くべきだね。
子供、男女いるとこういうとき別行動できるよね。
MIQさんファミリーも次回試してみたら?

見たことある入り口だと思ったら…
私ここ泊まったことあるー(笑

1階エントランス周辺も意外としょぼいけど
中もなんとなーく古い感じだったような。

あ、でも、すごいのが
部屋の中にジャグジーがありました!!



…これもある意味ビミョウですね(苦笑

t-shirtさんへ

お~、フォーシーズンズに宿泊なんてt-shirtさん、
リッチ~。
うちは、お茶が精一杯でした。
でも、でも、正直な感想・・・
t-shirtさんと同じく、しょぼい。
リニューアルしたほうがいいですよね。
あ~、ひとりでのんびり宿泊して、ジャグジーに
浸かりたい・・・


管理者にだけ表示を許可する

Ding Tai Fung «  | BLOG TOP |  » トロント

プロフィール

yuko

Author:yuko
愛知県名古屋出身のアラフォー女。
1999年結婚を機に、シカゴに移住。
2006年9月、夫の転勤で
デトロイト郊外に
引っ越してきました。
2011年9月からフルタイムで
働きに出ることに。
大好きな昼寝ができなくなって
悲しんでます。
家族構成・・・
44歳の夫、17歳の息子、
15歳の娘、10歳の雄犬
趣味 モデルハウス巡り、食べること、
昼寝、旅行

だっくくろっく

カレンダー(月別)

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

Wedding Anniversary

*script by KT*

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する