2017-08


ローズばあちゃん

5月3日、だんなの祖母が亡くなりました。
一昨年のクリスマス前に、余命3ヶ月と言われ
こりゃ大変だということで
家族全員大集合。
東はニューヨーク、西はアイダホ州から
チリチリバラバラになった家族が集まり、
おばあちゃんを囲んで楽しい時間を過ごしました。
そのクリスマス直後、住み慣れた家を
離れ、老人ホーム、
最後はホスピスで過ごした祖母。
もう少し近くに住んでたら
頻繁に会いに行ったのに・・・
変わってる人が多いだんなの家族の中で、
(私が1番変わってるけど)
唯一、心を許せる人でした。
寂しくなるわ。

亡くなる2日前に、電話でちゃんとお別れの挨拶が
できたので悔いはありません。
モルヒネが効いて、ぼんやりはしてたけど
”yuko、大好きよ。絶対忘れないからね。”って
言ってくれた祖母。
号泣。
子供たちは訳分かってないみたいで
最後のお別れの挨拶・・・
”I will miss you, bye bye"とは言うんだけど、
めちゃくちゃはしゃいでた。
不謹慎な・・・
5-6歳児で、これってヤバイね。

故人の強い希望でお葬式は明後日。
亡くなって約2週間後のお葬式。
こっちってありなんですね。
大好きな神父に取り仕切ってもらいたかったみたいで
この日になりました。

IMG_3468.jpg


今頃、天国で大好きなThe Viewのショーを見ながら
マッタリしてるかな。
50年後、あっちの世界で会いましょう。



スポンサーサイト

● COMMENT ●

うう・・・私まで泣いてしまったではないですか。。
ローズおばあちゃん、安らかにお眠りください。
ご冥福をお祈りします。

nanocoさんへ

やさしいお言葉ありがとう。
92歳まで長生き、好きなことを思う存分やった
おばあちゃんだったから
悔いはないと思うよ。
私もああいう風に年取りたいもんだ。

うぅ・・・オイラも泣けてくるぞぉ。
ローズおばあちゃん、きっと天国でのんびり日向ぼっこでもしているよ。

ご冥福をお祈りいたします。

お悔やみ申し上げます。

最後にお話できたことはとてもよかったですね。
ゆうこさんのこと、大好きよって言ってくれたおばあさま、ゆうこさんの良き理解者でもあったんだろうと文面から伝わってきます。

大好きな人が他界されるのってとても寂しいことですよね。
安らかに眠りつつ、ゆうこさん一家をずっと見守ってくれてるんでしょうね。

数えるほどしか会ったことないけど、
おっとりした感じで、暖かい雰囲気を持ったおばあちゃんだったよね。

孫やひ孫との思い出と一緒に、
天国でも素敵な人たちに囲まれながら、
W家の日頃のドタバタを見て微笑んでるよ。

ご冥福をお祈りいたします。。。

最後のお別れが言えて、良かったね。
絶対忘れない、なんて言ってくれると
凄くうれしいよね。
写真からも人柄が凄くうかがえるよ。
私も一度だけあった覚えがあるけど、
やさしいお祖母さんってイメージがある。
いやいや、まだ5歳児6歳児。
お別れなんて分からないよ。
っつーか、いなくなってしばらくして始めて
寂しさを感じるんじゃないかな。

お祖母さんのご冥福をお祈りいたします。

ローズおおばあさまのご冥福心よりお祈り申し上げます。
読みながら私も号泣しちゃいました。
薬ででぼんやりしている状態でも、「大好きよ~」
と言ってくれたのは嬉しいし感謝ですね。
救われますよね。
子供ははしゃいでいても、曾孫の声を聞けて、おばあさまもきっと喜ばれた事と思います。
写真のおばあさまとっても素敵!
きっと天国からYukoさん一家を見守っていてくれると思います。
寂しいですが、元気出してくださいね!

おー、あの可愛らしいおばあちゃまがぁ。。。(涙) 
お別れはいつでも切ないものだけど、ちゃんとお別れの挨拶ができてよかったね。 そしてそんな優しい言葉がもらえて。。。 号泣だよね。
天国で大好きなThe Viewを見ているなら、私もあっちの世界に行ったあかつきには、ぜひぜひ茶の間合流させてもらいたいな。 私もこの手のショー好きよ(ぐふっ)。
ここにはいなくても、これからも変わらず、ずーっと見守っていってくれるだろうね。 

ローズおばあちゃん ご冥福心よりお祈り申しあげます。。

読んでて 久々に泣いちゃたよ~またまた おばあちゃんの写真がUPされててまたまた 涙 涙でした。。
ちゃんと最後のお別れが出来てたのでよかったね。。気持ちが」すっごくわかるよ~去年 祖母がこの時期に亡くなったから。。

きっと お空でYUKOさん 家族を見守ってくれてるよ!その分 幸せにならなきゃね。。
元気だしてね~!

土曜日お葬式?ってあったので
びっくりしてきてみたら・・
そうだったんだ。
おばあちゃん大往生だったんだね。
でもでも本当にご自分のこと
よくわかっていらっしゃったんだね。
きっといまゆうこさんちにもお礼をいいに
のぞきにきていると思うよ。でもこわくないでしょ?(*^_^*)
いつかきっとまた会えるからだいじょうぶよ♪
土曜日は笑顔で送り出してあげてね。
おばあちゃんもきっとそう思ってるよ。

ご冥福を心からお祈りします。

ぽちな ぽちおちゃんへ

最近、車の話題じゃなくても
コメント残してくれて、とってもうれしいです。(笑)
日向ぼっこ、日本だと縁側って感じだけど、
こっちの人は、寝椅子かなんかに
寝そべってるのかね。
あっちの世界で日本とかアメリカとか関係ないか。

chikoさんへ

みんなからこんな素敵な言葉をもらって
またジーンと来ちゃったわ。
だんなに、電話で最後の挨拶をしなよって
言われたときは、まだ彼女が亡くなるのを
認めたくなかったので、
やだ~って思ったんだけど、
最後にお話できてホントよかった。
こっちの世界にいたとき同様、あちらでも
楽しくやってるんだろうな、おばあちゃん。

JJちゃんへ

ローズばあちゃん、子供のバースデーパーティーに
まだ元気なころは参加してくれてたよね。
ホント、だんなの家族にしては珍しく、
うるさくなくていい人だったわ。
天国から我が家のバタバタ劇をほほえましく
見てくれてたらいいけど、
あまりの騒々しさに
なんか呆れられてそうだわ。

HMoonちゃんへ

こっちの人って死への覚悟ができる人って多いよね。
神様のところに行けるってので怖くないのかな。
おばあちゃんも、”私はもうreadyよ”
ってなんか最後は落ち着いてたわ。
私は最後の最後までやだ~ってねばりそうだけど。
5-6歳児でこれOK?
感情がないんじゃないか?って心配だよ。

チビトドさんへ

優しい言葉ありがとう。
心に染みます。
血は繋がっていなく、遠く離れてるせいで
年に1-2回しか会える関係じゃなかったけど、
私にとっては、アメリカのおばあちゃんでした。
(自分の祖母はもう亡くなってるし)
そうですね、あんなはしゃいでハイパーな
子供たちの声でも、
おばあちゃんはひ孫の声が聞けてよかったと
思います。(そう信じたい)

ジーンちゃんへ

ホントかわいらしいおばあちゃんだったわ。
私たちの結婚式の準備はほとんど
ローズばあちゃんが仕切ってくれて、
彼女のおかげで素敵な式を挙げることができたよ。
OprahやThe Viewが好きで、
その時間帯をいつも楽しみにしていた彼女。
あっちの世界でもゴシップネタを探してることでしょう。(笑)
ジーンちゃんと気が合うかもね。

コロさんへ

血の繋がってないだんなの祖母でも寂しいのに、
実の祖母を亡くされたコロさん、
辛かっただろうね。
今頃、国境を越えてあちらの世界で
コロさんのおばあちゃんとローズばあちゃん
交流図ってるかもね。
おばあちゃんに見られても恥ずかしくないように
家族円満になるように努力するよ。

ローズおばあちゃん、写真からも優しそうな人柄が伺えます。
yukoさん、お別れの言葉が言えて良かったね。
子供たちのはしゃいだ声、きっとおばあちゃんにとっては何よりも心地よい音だったなじゃないかな・・・。
おばあちゃん、お楚歌の上からワイワイ賑やかなyukoさん一家の様子を見る方がThe Viewより面白かったりして。

実は私たちも土曜日にお葬式があります。
アメリカに来て初めての事なので、緊張してます。そして多分泣きます。

涙が出ちゃったよ。
yukoさんの気持ち、すごく分るよ。
私も義母の従姉が亡くなった時、本当に悲しかった。
だって彼女の兄弟、真珠湾で亡くなってるの。
なのに日本人である私をすごくかわいがってくれて、多分義母より先に受け入れてくれた人。
天国から見守ってくれてるよ、きっと。
日本と違ってこちらでは、天に行く事は神から招待された事。
きっと幸せにしてると思う。
悲しんでばかりだとおばあちゃんが心配するからね、元気を出して!!

Harumieさんへ

そうだったのよ、だんなの祖母が他界してね。
バーベキュー・・・行きたかったのに。
(ってまだ言ってる)
ホント92歳まで生きたから大往生だよね。
家族も寂しがってるけど、おばあちゃんは
充実した人生を送ったよってみんな満足してるわ。
私もああいう人生送りたいよ。
おばあちゃん、覗きに来てくれてるかな。
もうすぐ昼だっていうのに、パジャマでうろうろしてる私・・・恥ずかしい。

akkoさんへ

ホントにこのおばあちゃんにはよくしてもらいました。
実の孫のようにかわいがってもらって
親戚付き合いの苦手な私でも、
このおばあちゃんに会うのは楽しみだったよ。
孫だけでなく、ひ孫にも恵まれ楽しく過ごせた
人生、悔いのないものだったよね。

akkoさんもお葬式なのね。
こちらのお葬式は、メモリアルって感じで
日本ほど湿っぽくないけど・・・
やっぱり悲しいね。

reeさんへ

久しぶりに身内の者が亡くなったので、
すごくショックだよ。
大往生とはいえ、大好きなおばあちゃんが亡くなって
だんなよりも落ち込んでるかも。
reeさんの義母さんの従姉もよくしてくれたのね。
この時代の人は戦争と絡んでる人が多いけど、
個人に対して嫌な感情持ってる人少ないよね。
今頃、おばあちゃん、20年前に他界しただんなさんと
久しぶりに再会して喜んでると思うよ。

私も泣かせてもらいました。
本当に大好きな人が亡くなるのって
悲しいし寂しいね。

血の繋がったおばあちゃんじゃないのに
そんなに仲良くしてもらってゆうこさんの
事大好きだなんて最後にも言ってもらえて
本当に良かったね。
これ書いててまた涙出てきたのでこの辺で…。

ローズおばあちゃんのご冥福をお祈りします。
きっとこれからもゆうこさんの心の中で永遠に
一緒だよ。元気出してね。

ご冥福お祈りいたします・・・・・

ローズおばあちゃん、確か私も1度まー坊のお誕生会の時に会った記憶があるわ。

本当に、オシャレで可愛いいおばあちゃんだったよね。その人柄が雰囲気にも出てたっけ・・・。

もう会えないかと思うと寂しいけど、最後の挨拶が出来てよかったね。

きっといつも天国からゆうこちゃん達家族を見守ってくれてるよ♪

最後の写真、すっごくいいね!子供達も今はよくわからないと思うけど、もう少し大きくなってこの写真を見た時に、素敵な曾おばあちゃんだったなと思い出す時がくると思うな・・・・。

いつだっけ?サンクスギビング?
私も一度お会いした事があるような・・・
ひいおばあちゃん天寿をまっとうしたんだね、ご冥福をお祈り申し上げます。
5月3日と言えば・・・うちの息子の誕生日。
おばあちゃんの命日と一緒だわ・・。
歳を重ねてもああいう素敵なおばあちゃんになれたらいいな♪

とても素敵なおばあちゃまだったんですね。お写真からも素敵な人柄伝わってきそうな・・・。
私もジーンときちゃいました。
おばあちゃんからの言葉宝物になりますね。
ご冥福をお祈りします。

yukoさんと同じで、私のオットのおばあちゃんも、彼の親族の中で唯一心を許せる人です。義父と義母は嫁として扱うけれど、おばあちゃんは孫みたいに接してくれる。

私もそのおばあちゃんが亡くなったらすごく寂しいので、yukoさんの気持ち、分かるわ。

最後に「大好きよ。絶対忘れないからね。」なんて言えるって、すごい素敵な人ですね。
そんな風に言ってもらえたyukoさんも、素晴らしい~。

おばあちゃんと孫2人の写真、
とってもいい写真だね。

大事な人とのお別れは、本当に辛いね。
でも、最後にお互いの思いを伝えあえたなら、よかったね。

異国に嫁いだyukoちゃんにとって、おばあちゃんの存在はどんなにか大きいものだっただろうね。

そしておばあちゃんにとっても、yukoちゃんはきっとすごく大事な存在だったと思うよ。
心を許しあえるって本当に素敵だよ。

おばあちゃんのご冥福を心からお祈りします。

YAさんへ

お返事遅くなってごめんちょ。
木曜日からシカゴ→オマハ(ネブラスカ)
に葬儀参列のために行ってたよ。
留守電残してもらってたのに、
折り返しできなくてまたまたごめんちょ。
近いうちに公園デビュー2008飾りたいわ。
おばあちゃん、とってもきれいだったよ。
お葬式、もちろん悲しかったけど
天国への旅立ちって感じでなんか
幸せな気分にもなれたわ。

emiちゃんへ

そうそう、マー坊の2歳のとき、自宅で開いたお誕生日会に来てくれたよね、おばあちゃん。
あの頃は、まだまだ元気で、
1人で飛行機乗っていろいろなところに遊びに行ってたわ。
だんなに最後の挨拶をしなよって言われたときは、
正直おばあちゃんの死を認めたくなくて
躊躇したんだけど、
挨拶できてホントよかった。
天国でも楽しくやってるといいな。

miffyへ

miffy、おばあちゃんとちょくちょく会ってると思ってたけど、
サンクスギビングの1回ぽっきりだったっけ?
姑と違っていい人だったでしょ?
ホント、私のこと、本当の孫のように接してくれて、
いい思い出しか残ってないよ。
彼女が亡くなったとき、あ、アレックスの誕生日だわって
思ったことは言うまでもありません。
5月3日、私にとっては特別な日になったわ。

まりなしてぃさんへ

おひさしぶりです!
子供たちが夏休みになったらシカゴにちょくちょく出没
するので、遊んでね~。
最後におばあちゃんと挨拶できて
本当によかったです。
家族全員と最後にしっかり挨拶できて
おばあちゃんも悔いなく天国に行けたことでしょう。

まるちゃんへ

そうなの、そうなの。
義理母、義理父にとって、私はあくまでも
だんなの嫁なんだよね。
ひしひしとそれ感じるよ。
ローズばあちゃんは、本当に自分の孫のように
私に接してくれて、遠く異国に嫁いできた私は
それがすごくうれしかった。
アメリカのおばあちゃんが亡くなってしまって
悲しいけど、天国からずっと見守ってくれると思うと
がんばって生きようって思うよ。

sasukeちゃんへ

ひさしぶり!
やさしいコメントどうもありがとね。
私の実の祖母は2人もずいぶん昔に亡くなってるので、
ローズばあちゃんは私にとって
かけがえのない存在だったのよ。
いつもニコニコ、ホント仏様みたいな人だったわ。(仏教に例えて悪いけど)
彼女にとって、私も少しは大事な存在だってことが
わかってうれしかったわ。


管理者にだけ表示を許可する

オマハ «  | BLOG TOP |  » 母の日 2008

プロフィール

yuko

Author:yuko
愛知県名古屋出身のアラフォー女。
1999年結婚を機に、シカゴに移住。
2006年9月、夫の転勤で
デトロイト郊外に
引っ越してきました。
2011年9月からフルタイムで
働きに出ることに。
大好きな昼寝ができなくなって
悲しんでます。
家族構成・・・
43歳の夫、15歳の息子、
14歳の娘、9歳の雄犬
趣味 モデルハウス巡り、食べること、
昼寝、旅行

だっくくろっく

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

Wedding Anniversary

*script by KT*

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する