2017-06


トルコの旅 5日目

アラーム2つセットして
朝5時起床。
なぜ、こんなに早起き?

DSCN1182.jpgDSCN1191.jpgDSCN1196.jpg

このためでした。
日の出とともに飛び立つ気球を見るため。
グースカ寝てるだんなを叩き起こし、
二人でバルコニーに座り
気球観察。
...言葉なし。
幻想的過ぎる。
ニューカレドニアより、天国に1番近いような気がする。
(原田知世ごめん。)
は〜、素敵。またため息。
高所恐怖症のだんなは、最後の最後まで
気球に乗ることを躊躇していたけど、
この景色を見て、やっと覚悟を決めたらしい。
明日の今頃は、私たちがあの気球に乗って
ふらり〜ふらり〜してるのかと思うと、興奮してきました。

DSCN1200.jpg

朝日に照らし出され、オレンジ色に染まったギョロメの街。
昼間とはまた違った表情。

さて、本日の予定は...
まずは、ホテルのオーガニックブレックファストツアーに参加。
ホテル所有のファームで新鮮野菜メインの
朝食をみなさんといっしょに食べましょう!というツアー。
この面白そう+おいしそうなツアー、宿泊代に含まれます。

DSCN1238.jpg

トラクターに乗って、朝食会場となるファームへ出発。
参加者はアメリカ3組(我が家含め)、オーストラリア2組、韓国1組、
トルコ1組というインターナショナルな面子。

DSCN1239.jpg

きのこ岩の間のガタガタ道も、風情があって楽しい。

DSCN1243.jpg

お〜、羊飼いに連れられた羊さんご一行だよ。
なんて、のどかな風景。
ファームまでの道のり、ファームオーナーの孫息子さんが
カッパドキアの歴史なんかをお話してくれます。
世界遺産のカッパドキア、今は世界中のツーリストで
賑やかになってるけど
観光業が盛んになったのは、ほんの15年ほど前なのだそう。
それまでは、農業中心の静かな村だったらしい。
イケメンの孫息子さんは、
世界の皆さんにカッパドキアの素晴らしさを伝えたいために
必死に英語の勉強をしてると言ってたけど
もうすでに私より何倍も英語上手でした。よくがんばった!

DSCN1247.jpg

トラクターを降りてからも、
朝食会場へは、まだまだ。
ご飯食べるのも命がけ。
谷底に向けて歩くこと、約10分。
やっと到着〜〜〜!



豪華な朝食。
採れたて野菜、手づくりヨーグルト、チーズ、
数種類のジャム、ハチミツに焼きたてパン。
このホテルで出される野菜が、本当においしい。
サラダもあえてドレッシングなしで出されるんだけど、
これが、野菜本来の味がしっかりしておいしい!

DSCN1255.jpgDSCN1257.jpg

子供達のお気に入りはトマト入りスクランブルエッグ。
名物らしい。

DSCN1261.jpgDSCN1263.jpg

行きもゼーゼー、帰りもゼーゼー。
朝食食べたばかりでも、ハイキングしたせいで、
すぐ空腹。

午後はカイマクル地下都市へ。

DSCN1281.jpg

タクシーで約1時間で到着。
タクシー1時間ってきくと料金がおそろしいことに
なりそうですが、
ツアーに参加するより全然お得。
タクシー往復+待ち時間で50ドルほど。

DSCN1287.jpg

う〜〜ん、狭い!
この中で2万人が生活してたなんて、信じられん。
おデブちゃんは大変だっただろうな。

DSCN1293.jpg

ローマ帝国の迫害を逃れたキリスト教徒が
この地下で隠れて生活していたそうです。

DSCN1296.jpg

蟻になった気分。

タクシーの運転手さんが、
いい景色を見せてあげると言って寄り道してくれました。

DSCN1301.jpg


有名なThe evil eye tree.
魔除けの青い目。
明日、気球乗る私たち、木ごと持って帰りたかった。

DSCN1304.jpg
DSCN1306.jpg

最初見たときは、なんか気持ち悪いと思ったけど
見慣れるとかわいくなってきました。
お守りになるなんて聞くと、かわいさ倍増。

DSCN1326.jpg

この日の夕飯。
ピデとよばれる舟形をしたトルコピザ。
お持ち帰りにしたために、ぶつ切りにされ
舟形になってませんが...
1番有名なのは、ひき肉をトッピングしたものらしいけど
私はタマゴとチーズをチョイス。
カリッとして、味はふつ〜のピザ。ま、おいしかったです。

DSCN1329.jpg

夜は、ラウンジでまったり。
近くのワイナリーで作られた白ワインで乾杯。
あ〜、極楽。
明日は気球乗りで、4時半起床。
ワイン飲んで、とっとと寝ました。

6日目へつづく。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トルコの旅 6日目 気球に乗ったぞ編 «  | BLOG TOP |  » Kelebek Special Cave Hotel

プロフィール

yuko

Author:yuko
愛知県名古屋出身のアラフォー女。
1999年結婚を機に、シカゴに移住。
2006年9月、夫の転勤で
デトロイト郊外に
引っ越してきました。
2011年9月からフルタイムで
働きに出ることに。
大好きな昼寝ができなくなって
悲しんでます。
家族構成・・・
43歳の夫、15歳の息子、
14歳の娘、9歳の雄犬
趣味 モデルハウス巡り、食べること、
昼寝、旅行

だっくくろっく

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

Wedding Anniversary

*script by KT*

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する