2016-08


エズ村

IMG_4648.jpg

念願のエズ村にやったきたど~~~!

想像以上にかわいい村でした。まるで中世の国に迷い込んだような場所。
絶対、女子は(おばはんだけど)気に入る場所。
だって、どこにカメラを向けても絵になるんだもん。
おっさんのだんなもいいところだな~~って、なかなか気に入っとりました。

エズ村は、モンテカルロとニースのちょうど中間地点に位置します。
標高400メートル以上の高い崖を見下ろす場所にあるため、
それは、それは眺めがいい!
ニースから、バスを利用していく予定だったけど、
なんと、この日は、ニースの公共交通機関がストライキ。
このヨーロッパ旅行で、ピサに次ぐ
2度目のストライキ。
勘弁して~~~。

仕方ない、タクシーで行くか・・・と思ってたら、
ニースではUberが利用できることが発覚。
なんとタクシーの半額の料金、それもアウディがやってきた。
快適なドライブで
あっという間にエズ村に到着。



エズ村の全体図。坂多いし、っていうか、坂ばっか。
見てるだけで、息が上がりそう。

中世の時代に敵の侵入を防ぐために
城壁をめぐらし、このような要塞村ができたんだそうです。



ぜ~ぜ~。

息は上がりっぱなしだけど、
ホント、どこもかしこもかわいい街並み。

fc2blog_20160829103354005.jpg

ブーゲンビリアが咲き誇ってます。
お天気がよくて、お花が一段と鮮やか。

fc2blog_20160829102859c01.jpg

迷路のような路地で見かけたジェラート屋さんで、ちょっと休憩。
雰囲気あるな~。

休憩後、どんどん上に登っていくと
熱帯植物園がありました。
ここは、有料。
大人は確か6ユーロ、子供はちょっと割引。
有料と聞くと、割とパスしちゃうせこい私だけど(笑)
ここは、お金払って正解。
絶景ポイントがありました。



いろんな種類のサボテンがお出迎え~。



いちいちかわいい。



かわいい~、素敵!と興奮して
カメラに集中してると、階段踏み外して、奈落の底なので
気を付けましょう。

IMG_4654.jpg

ぜ~ぜ~、鼻息荒く登って来た甲斐のある絶景。

IMG_4653.jpgIMG_4656.jpg

海サイドじゃないほうも、素敵よ。
植物園にはいたるところに、いろいろな女神像が。
絵になる風景。

fc2blog_20160829103545b60.jpg

パノラマバージョン。
実際の100分の1の素晴らしさしか表せてなくて、悔しいです。



ここ、好き。大好き。
ずっといられる。
住みたい。
いや、住むのは、現実的に無理だから、もう少し長く滞在したい・・・
いや、でも、あと数時間後には
次の目的地に行かなくちゃいけない・・・
もう、さよならしなくては・・・
こんなに後ろ髪をひかれる思いで後にした街は初めてでした。
死ぬ前に、また来れたらいいな。

fc2blog_201608291036167b7.jpg

特になにもコメントのなかったお二人。
なかなかこんなところ来れないんだぞ。
楽しんでくれてたら幸いです。


スポンサーサイト

モンテカルロからニースへ



ニースでの宿、Le Meridien Niceの部屋からの眺め。
ターコイズブルーの海がどか~~んと広がります。

庶民の私たちには、居心地の悪かったモンテカルロから、
電車で20分ほどしか離れていないニースへ移動。
たった20分の距離なのに、
地獄から天国~~~。(って大げさな)
家族の意見が、珍しく一致…Nice(ニース)はNice(ナイス)だ~~。

ニースがどんだけ、素晴らしいかは少し置いといて、
モンテカルロでも、少し観光したんで、
記録に残しておきます。



ネガティブコメントが続いたモンテカルロですが、
鮮やかなお花にばぁぁぁ~~~と埋め尽くされた壁とか
近代的なビルの中にひょっこり
お城のような建物現れたりと・・・
お散歩には、なかなか楽しい街であります。

ここに来て、行ってみたかった場所…日本庭園。
モナコ王妃グレースケリーが
日本庭園が好きだったっていうことで
1990年に造られたそうです。
さて、どんなもんかね。
本物の日本人がじっくりチェックさせていただきます。

fc2blog_20160825033438963.jpgfc2blog_20160825033406b90.jpg
fc2blog_2016082503351677a.jpgfc2blog_20160825033607b24.jpg

むむむ、なかなかやるな。
ハリウッド映画で見るような
中国と日本が混じった、変ななんちゃって日本ではなく
ちゃんとした日本庭園でした。
一瞬、南仏ってことを忘れてしまう。
いやいや、忘れさせないで。
池には立派な錦鯉、
小さな滝のせせらぎ、手入れの届いた松の木・・・
だんなは、モンテカルロで1番楽しかったらしい。
じゃ、日本行けよって感じですが。
そう言ってもらえると、日本人なのでうれしいわ。

fc2blog_20160825033814af6.jpg

なにやら真剣に写真を撮る人たち。
ハリウッドのWalk of Fameに真似た、優秀サッカー選手の足型。
サッカー選手なんて、ラモスぐらいしか知らないな、なんて
とぼとぼ下を見ながら歩いてた私ですが・・・
うぉ~~~!



中田英寿~~!
さっきまで、つまらん、つまらんと思ってたのに
日本人の名前見た瞬間、テンション上がる。



ホテルに戻って、ビーチでぼけ~~~。



カクテル飲みながら、ぼけ~~~。
なにもしないっていう贅沢、これぞバケーション。


とはいえ、貧乏性なので
しばらくするとムズムズしてくる。
旅行にきたんだから、あれもこれもしないと、もったいない!
ってことで、ホテルをチェックアウトして、ニースへレッツゴー。



着きました~。
ニース、駅に降り立った瞬間から、好きになる。
がら~~~~~んとして寂し気なモンテカルロの地下の駅とは違い、
老若男女でにぎやかな駅。
アイフォン片手に迷ってる私たちに
どこに行きたいの??って声かけてきてくれたやさしいおばあちゃん。
金持ちそうなつんけんした白い人たちばかりじゃなく、
いろいろな国からの観光客、一般庶民、はたまたホームレス、
もういろんなタイプの人でにぎわってる街。
お天気も最高で、ターコイズのビーチは目の前。
ニース、ワンダホー。
お金もらってませんけどね。

さて、ニースでは、
男チーム、女チーム分かれて行動。

fc2blog_201608250353509d4.jpgfc2blog_20160825035324454.jpg
fc2blog_20160825035303505.jpgfc2blog_20160825035423f5e.jpg

女子チーム、早速、本場のクレープに挑戦。
モーちゃん、ヌテラ、私はモンブランクリーム。
本場だからってことで、また期待し過ぎました。原宿のマリオンクレープの勝ち。
...食べ終わってから
見本ケースがあるのに気付いた。
そこには、マリオンクレープ並みにおいしそうなクレープの数々。
あ~~、こっちが食べたかった。

IMG_4631.jpg

男チームは、このバスに揺られて、ある場所へ。

fc2blog_20160825044038f85.jpg

女子チーム、今度はレストラン。よく食べるな。
この日はどこのレストランも、ニースで行われているユーロサッカーカップを放送中。
だんなと息子は、このユーロカップを観戦に行っちゃってました。
今回ヨーロッパに旅行に来た理由..これ。
だんな、半年以上前に観戦チケットに応募し
競争率の高い抽選で、めでたく選ばれチケット購入権をゲット。
いっしょに応募した私は、落選。
サッカーなんて、興味ないんでいいけどさ。
強がり。

IMG_4637.jpg

おいしそうなレストランがいっぱいで、
選ぶの迷ったよ。

IMG_4638.jpg

やっと決まったレストランで、食べたムール貝。
でかい鍋に、これでもか!ってぐらい入って14ユーロ。
で、水、6ユーロ。
値段の設定がおかしい。
ムール貝、ガーリックが効いて、シンプルな味付けでおいしい!


IMG_4642.jpg

ホテルに戻って、
ベランダから、夜のニースを見ながらぼけ~~~。
きれいな街だな~。もう少し長く滞在したいな~
なんて思いながら。


まさか、この約2週間後に
あんな事件が起こるとは夢にも思いませんでした。
亡くなられた方のご冥福をお祈りします。



モナコへ

fc2blog_201608220119552f7.jpg

ミラノの大聖堂。
圧巻。
乗り換えのだけに立ち寄ったミラノだったので、
滞在時間、たったの2時間。
次回があるならば、ファッションの街ミラノをゆっくり見てみたいな。

6/26  イタリアとさよならをする日。
ベネチアから電車に2時間ほど揺られて、ミラノへ。
イタリアの北に位置する
産業とファッションの街。
人々は洗練されて、南の人ほどフレンドリーじゃないと言いますが...
実際は...
って判断できるほど長く滞在できなかったよ。
13時にミラノに到着してから、
次の目的地、モンテカルロ行きの電車が15時10分発なんで
2時間ちょっとの滞在時間。

fc2blog_20160822023416d35.jpg

ミラノ中央駅。
でっかいライフルを持った警察官がウロウロしてます。
1メートルはあろうかと思うライフルを担ぎ、警官同士で談笑。
あまり緊張感はありません。
てっきり、ここでは乗り換えだけだと思ってたのに、
少しの時間でもあれば、観光したいダンナが、
大聖堂見に行くぞ!と言い出した。
時間厳守の私は、え〜〜〜、渋滞とかに引っ掛かって
戻ってくるまでに時間が掛かり
次の電車に乗り遅れたらどうするのよ〜って思ったけど、
ダンナの意志固かった。
あっという間にタクシー捕まえ
大聖堂に向かってました。

fc2blog_20160822023441866.jpg

さっきまでブーブー文句言ってたけど、
大聖堂見た瞬間、来てよかった。
素晴らしい。
中も入りたかったんだけどね〜、長蛇の列で諦めました。
あまり観光地で写真を撮らないマー坊も、ここではパシャパシャ。

fc2blog_20160822023519b72.jpgfc2blog_201608220235491cc.jpg

高級ブランド店やカフェが軒を並べる
ガレッリア。
プラダの創業店があるなんて聞いてたんで、ちょっと冷やかしに...
と思ったけど、そんな時間なかったわ。
どこも駆け足。

fc2blog_2016082202361229c.jpg

オペラ界の最高峰と呼ばれる、スカラ座。
あら、思ったより、地味なのね。
ダンナに言われなかったら、素通りしてました。

さささっとミラノ見学終了。
さて、中央駅に戻って、モンテカルロ行きの電車に乗り込みます。
モナコのモンテカルロまでは
電車で約4時間。

fc2blog_20160822023652f70.jpg

イタリアのかわいい地方都市を通過したり、

fc2blog_20160822023721b81.jpg

海岸線を眺めながらの電車の旅は
飽きることなく、楽しめました。
あっという間にモンテカルロ到着〜。

fc2blog_201608220237487df.jpg

モンテカルロ駅。
なんと、私たち家族とほかに2組のお客さんが降りただけ。
他の乗客はどうやら、次の駅のニースが目的地らしい。

fc2blog_201608220238076d4.jpg

がら〜〜〜〜〜んとしたホーム。
ここから、ホテルまでは、タクシーの予定だったけど、
タクシー乗り場のサインにしたがって歩いていったのに、
タクシーの1台も見かけねぇヨ。
一応タクシー乗り場って書いてあるんで、10分ほど
ぼけ〜〜と待ってみるけど、
通り過ぎるのは、ベンツやポルシェの高級車ばかり。
だれかに聞こうと思っても、だれも歩いてない。
どんどん険悪なムードになってきて
もうそろそろダンナが切れますってとき、
モーちゃんがタクシー用電話と書かれた電話を発見。
なんと、ここモンテカルロには、流しのタクシーは存在しませんでした。
タクシー用電話で、タクシーを呼び
待つこと5分、やっとホテルまでの足確保。
ここまで、長かった〜。
もうすでに、モンテカルロって街が、あまり好きじゃなくなってる
私たち夫婦。
観光客にやさしくないわね、この街。

fc2blog_201608220257393c7.jpgfc2blog_20160822025755a0c.jpg
fc2blog_20160822025841178.jpgfc2blog_20160822025906b52.jpg

車のディーラーも、こんなんばかり。
庶民の私たちは、ひねくれる。

fc2blog_2016082202594419f.jpg

モンテカルロでは数少ないビーガンレストランに入ったら
こんな、動物のエサみたいなので、20ユーロ。
そんでもって、店員があからさまに冷たい。
フランス語しゃべれない、貧乏くささが漂った家族にも
もう少し優しくしてくれてもいいのにさ。
高額所得者や、資産家しか移住できない国...
ミシガンからやってきた庶民の私には
居心地わるぅございました。

fc2blog_2016082202392821c.jpg
fc2blog_2016082202395561b.jpg

モンテカルロでの宿。
Le Meridien Beach Plaza.
宿泊者のみが利用できるビーチなんかがあり快適...
だったんだけど〜〜〜。
2泊する予定を1日に変更。
逃げるようにニースに向かいました。

fc2blog_20160822024609607.jpgfc2blog_201608220247412ec.jpg
fc2blog_201608220247115f0.jpgfc2blog_201608220246316be.jpg

オーシャンビューの部屋。
ふかふかのベッド。
深い浴槽。
ホテル自体は素晴らしかった。でも、場所が...
しつこい。



内職

今週の火曜日から
するりと地味に新学期の始まったマー坊。
10年生っていうとわかりにくいな~、Sophomore…これもわかりにくい。
高校4年あるうちの高2。うん、これが1番しっくりくる。
とはいえ、日本ではまだ中3なんだけどね。
中3か~~、日本にいたら受験生なんだな~。
行ける高校あるかな~。
こんな変な日本語しゃべってる段階で、ないわな~。

新学期始まるのは、まだまだ先のモーちゃんは
兄貴がいなくなり、相当ヒマのようです。
部屋に篭って、なにかモクモクと作業をしている模様。



ペンダント。



父親に指輪。



母親に指輪。



これは、自分用。

この前、Michael'sで、石と針金を買わされたのは
この内職のためだったのね。

いびつな形の作品だけど、
私たち夫婦にとっては、プライスレス。
死ぬまで、大事に取っておこう。

ベネチア ゴンドラに乗ったぞ編

IMG_4600.jpg

死ぬまでにはぜひ、乗ってみたかったゴンドラを体験した1日。
私だけではなく、どうやらモーちゃんの中でも
ゴンドラに乗るのはこの旅行のハイライトだったようで
いつ乗るの?いつ乗るの?っとテンション高め。
マッチョなイケメンゴンドリエーレ(ゴンドラーじゃなかったわ)が、カンツォーネを歌いながら
水の都を案内してくれる・・・
女性はワクワクしないわけがない。

このゴンドラってのが、結構なお値段します。
40分ほどで、80ユーロ。夜7時以降は、100ユーロ。
1つのゴンドラに6人まで乗船可能。
一人で乗っても、6人で乗っても料金いっしょなので、
一人旅してる人にはかなりの出費。

Sunsetを見たいというだんなのリクエストで
日が沈む少し前に乗ったもんだから、100ユーロ。(7時以降の料金)
エクストラで20ユーロ払ったっていうのに、
曇っててSunset見れなかった~~。くっそ~。

IMG_4606.jpgIMG_4603.jpgIMG_4604.jpg
IMG_4597.jpgIMG_4602.jpg

オルセオロ運河から
細い水路を通っていくコース。
ゴンドラのコースは、特にモデルルートがあるわけではなく
ゴンドリエーレによって決まるらしい。
一生懸命、観光案内をしてくれる者もいれば、
ただ漕ぐだけで、あまりサービスしてくれない者もいるらしい。
私たちのゴンドリエーレは…
どうも英語が苦手だった模様。
いろいろ案内したい気持ちは手に取るようにわかるんだけど・・・
コミュニケーションがむずかしい。

だんなが、
一曲なにか歌ってくれないか?ってリクエストしたら
最近のゴンドリエーレは歌わないんだよ、
ラスベガスのゴンドリエーレぐらいじゃないか?歌うのは・・・
ってさらりとかわされました。
本当かしら?
ただ、面倒臭かっただけなんじゃ・・・それともめちゃくちゃ音痴とか。



10分ほど悩んだ挙句に、これだ!と決めたゴンドリエーレ。
・・・なのに、写真見た友達からは
マークパンサー呼ばわり。



ゆったりした時間が流れていきます。

40分はあっという間。
もっともっと乗っていたかったな。

IMG_4614.jpg

ゴンドラを降りたころには、
どっぷり日も暮れ、
サンマルコ広場がきれいにライトアップされてました。

IMG_4610.jpg
IMG_4612.jpg

鳩がいなくなった広場には
鳩のえさ売りおじさんもいなくなり、静か。
ところどころで、生のクラシック音楽の演奏が聞こえ
夜のお散歩には、最高です。

IMG_4595.jpgIMG_4587.jpgIMG_4594.jpg
IMG_4589.jpgIMG_4593.jpg

ベネチア2泊目は、Westin Europa and Regina.
運河沿いに建つホテル…
窓から運河の景色を期待してたのに・・・
ご近所さんビュー。
ローカルの暮らしぶりを見たいって、言ったけど~~~



朝食が提供されるレストランからの眺め。
欲を言えば、こういうの、こういうの・・・
部屋から見たかったな。


ベネチア

IMG_4560.jpg

憧れだったベネチアにやっと来ることができました。
運河に囲まれた迷路のような街を散策、
イケメンゴンドラー(そんな言葉あるのか?)に歌ってもらうカンツォーネ。
おいしい魚介類のパスタ。
すべて、ここで叶えられると信じて...

fc2blog_201608141135145c8.jpgfc2blog_201608141137577bb.jpg

運河に囲まれた街。
カメラをどこに向けても絵になる街。
...しかし、臭いぞ。
暑い夏ということもあり、下水臭いっていうの?
魚臭いっていうの?
ってことで、ちょっと運河ぞいから離れた場所へ移動。

fc2blog_2016081411383216d.jpgfc2blog_201608141138499b6.jpg

有名なサンマルコ広場。
老若男女が、のんびり散歩してて、素敵なところ〜〜
って思ってたのもつかの間、
どこからともなく、売り子参上。
安物のおもちゃを買ってくれ〜〜買ってくれ〜〜。
いりませんと丁寧にお断りしても、しつこい、しつこい。
やっと追い払ったと思ったら、
マー坊が、鳩のエサ売りおじさんに捕まってる。
無理矢理、鳩のエサを手に乗せられ
ほら、いっぱい鳩が来るから、手を頭の上に持っていきな〜
なんてレクチャーされてる。
断れずにモジモジしてる息子...エサ代を請求するエサ売りおじさん。
これには、だんながぶち切れた。
勝手に息子にエサを持たせるな!エサは買わん!
はい、険悪なムード。

気持ちを入れ替え、次はビーガンアプリで絶賛してた
ジェラートのお店へ行ってみることに。
グーグルマップを頼りに、
狭い道を何度も迷いながら...

fc2blog_20160814113917e4a.jpg

ところどころ、こういうかわいい景色に出くわすけど、
お目当てのジェラート屋になかなか到着しないので
またもや険悪なムード。
そうそう、橋にいっぱいついてる南京錠。
南京錠を橋にかけて、その鍵を捨てると、一生別れないっていう
恋人たちのおまじないらしいです。
うちには、関係ねぇけどな。

IMG_4564.jpg

ここ、さっき、通ったしぃぃ〜〜〜。
ベネチアは、迷子になります。

IMG_4571.jpgIMG_4565.jpgIMG_4566.jpg

やっと、巡り会えたジェラート屋。
ビーガンオーケーのサインにウホウホのだんな。
ビーガン用だけじゃなく普通のジェラートも売ってるけど
私もあえてビーガンジェラートに挑戦。
うまい!!!!
イタリアに来て、いろいろな店でジェラート食べたけど
ここのは、ダントツに美味い!
さっきまで険悪ムード吹っ飛んだ。

IMG_4574.jpg

僕もビーガンだよっていうジェラート屋のイケメン店員に
ビーガンフレンドリーの店を聞いたところ...
ベネチアの街には、ビーガンの店はほとんどない、
それどころかここにあるレストランは、だいたい観光客用だから
高いだけで、おいしくないんだよね...
なんて正直な意見。

実は、ここに来て思ってたこと...
なんかどこもかしこも観光地化してて、
どっかのテーマパークに来た感じ。
ま、実際有名観光地だから、仕方ないんだけど、
地元の人の生活感がまったく見られない。
私はもっとローカルな人の生活を見たいのよ、
地元客で賑わう食堂とかさ〜〜。
そんなのここにはありませんでした。残念!

fc2blog_20160814114123ba0.jpgfc2blog_20160814114058e60.jpg

観光客オンリーのレストランで食べた
カラマリとイカスミスパゲッティ。
不味くはないよ、でも、絶賛するものでもないよ。

fc2blog_2016081411394132f.jpgfc2blog_20160814114026212.jpg

ちょっとネガティブな意見続いちゃったけど、
ライトアップされたベネチアの街は
とてもロマンチックで
水の都と呼ばれ、世界中から観光客が集まってくるのがわかります。


ベネチアには2泊しました。
1泊目は、プライベートアイランドに建つJW Marriott Venice Resort and Spa.
サンマルコ広場の前から
ホテルのプライベートフェリーに揺られること20分。
ダウンタウンの喧噪から離れたリゾートホテルです。
ここ、よかった。
サッカーフィールドあり、レンタル自転車あり、インフィニティプールあり
ホテルの宿泊者用だけの教会あり、いろいろあり。


fc2blog_20160814114158e93.jpgfc2blog_20160814114310ae4.jpg
fc2blog_201608141142341b8.jpgIMG_4554.jpg
IMG_4553.jpgIMG_4557.jpg

予算の関係で、1泊のみだったけど、
こんな素敵なリゾートホテルだって知ってたら
借金してでも、2泊するべきでした。
また行きたい。


マー坊にとってハッピーな1日

息子ネタが続きますが…




なんか、あっというまにDriver's leraner'e permitt(仮免)ゲット。
アメリカって、早いのね。
うん十万かけて、毎日自動車学校に通った私からすると
あれ、こんなに簡単にあげちゃっていいの?って感じですが。
本人は、たいそう喜んでおります。
さて、これから、助手席に 免許持ってる保護者または大人を乗せてたら
公道を走れます。
ひぇ~~~



早速、練習。
次のライセンス(Intermediate driver's license)を取得するには
50時間+夜間運転10時間をクリアしないとね、ってことで
本人は気合入ってるけど…
乗ってる私は、こわいよ~~~、寿命怖ろしい勢いで縮むよ~

あまりぐちゃぐちゃ言うと、
ナーバスになって、事故られても困るので
親は腫物に触るように、指示出してます。
グッジョブ~グッジョブ~と、全然グッジョブでもないにも関わらず。


仮免取得だけでも、うれしいのに
今日は、もう1つうれしいことが。

高校サッカーのトライアウトにパスして
今シーズンもまたプレイできることに。
正直、今年はダメかね~って親子共々思ってたので、本当にうれしい!
夢がかなった1日…いい日になりました。


マー坊、車、運転するの巻

旅日記が面倒くさくなったので、
放ったらかしておいて・・・

近況報告でも、 書こうかね。



マー坊がなんと免許を!
・・・いや、まだまだ免許取得までの道のりは長い。
ミシガン州では、14歳と8ヶ月になったら、
Driver's Edが受けられるようになります。
24時間の学科を受け、6時間の技能教習をして
やっと第一関門突破。
それから第二関門があり、
そのあと筆記試験、必要書類を提出してやっと仮免。(Learner's Permit)
マー坊は、現在第一関門突破を目指し、がんばっとります。



初めて、運転した日。
だんな、記念だ、記念だ!とはりきってカメラを向けるも・・・
みんな緊張でガッチガチ。
笑うなんて無理。
あとから、聞いたところによると、緊張で足がガクガク震えたそうです。

現在は、高速使って
はるか遠い田舎町まで行ってるようです。

くれぐれも安全運転で、よろしく頼むよ。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

yuko

Author:yuko
愛知県名古屋出身のアラフォー女。
1999年結婚を機に、シカゴに移住。
2006年9月、夫の転勤で
デトロイト郊外に
引っ越してきました。
2011年9月からフルタイムで
働きに出ることに。
大好きな昼寝ができなくなって
悲しんでます。
家族構成・・・
43歳の夫、16歳の息子、
14歳の娘、9歳の雄犬
趣味 モデルハウス巡り、食べること、
昼寝、旅行

だっくくろっく

カレンダー(月別)

07 ≪│2016/08│≫ 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

Wedding Anniversary

*script by KT*

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する