2014-09


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の料理 ビーガン編

最近、だんなが料理に目覚めました。
料理といっても、超かんたんで
10分以下で作れるものばかり。
そんでもって、彼の作るものはもちろんビーガン。
私は血の滴る肉であろうが、精進料理だろうが
出されるものは喜んで食べるんで問題ございませんが、
子供たちは文句ブーブー。
毎食ビーガンってわけじゃないんだから、
文句言わず食べなさいと一喝。



本日の朝食。
豆腐のスライスをトーストに。
なんて大胆なメニューなんだ。
最近、ビーガン料理を食べさせられて、だいぶ麻痺してきたのか
うん、うん、おいしいじゃんと言いながら食べてしまいました。




ランチは、なんちゃってベーコンを使った
BLTサンドイッチにポップコーンサラダ。
サラダにポップコーンだと!?と思ったけど、
これが、意外や意外。ふつ〜においしい。
ドレッシングもレモンとビネガー、オリーブオイルで
さささっと作ったのが、シンプルでうまい。
これは、子供たちも気に入ったようで、黙々と食べてました。

フルタイムで仕事して帰ってきて
なにが嫌って、料理作ること。
少々おいしくなくても、目つぶるんで
毎日作ってくれないかしら。


スポンサーサイト

8月、9月のうまいもん

すっかり秋になってしまったミシガン。
朝夕は涼しく
厚手のジャケットを羽織るほど。
あっという間に、寒く長い冬に突入してしまうのね。
もう食べることしか楽しみがない。

先月、今月に食べたうまいもんを
ずらずら〜と記録に残しておきましょう。



職場の近くにベトナムレストランができました。
初めての来店のときは、お約束のフォー。
2度目の来店で食べたのが、写真のこちら。
メニューのB2といって注文したので、料理名はなぞ。
厚切りの肉がめちゃうまい。
スープ麺ではなく、後から汁をどばっとかけるタイプ。
日本の冷やし中華みたいな感じかね。
さっぱりしてて、おいしい。



これは、シカゴ郊外の日本食レストラン”だるま”の海鮮サラダ。
ミシガンもなかなかおいしい日本食が食べれるけど、
だるまの海鮮ネタは日本のに引けをとらないほどうまい!
この日は、お寿司もいただいたけど、
ホタテや、マグロが、ほっぺた落ちるぐらいおいしゅうございました。



子供達との外食はどうしてもアメ食になりがち。
5年ぶりぐらいに行ったカリフォルニアピザキッチン。
サラダか?っていうぐらいてんこ盛りに野菜の乗ったピザ。
普通においしいけど、感激はしない。



なごみのカツカレー。
ここでは、いつもラーメンばかりだったけど、
急にカレーが食べたくなり、初めて注文してみました。
まいう〜。
こういうのには、感激。



あ、これは、一人でシカゴダウンタウンをフラフラした日、
ずっと行きたかったEatalyでボンゴレランチ。
アメリカで、こんなアルデンテ食べたの、初めてかも。
美味過ぎ!
この量で、17ドル。やるな。



順番狂ったけど、
ベトナムレストラン、初訪問のときに食べたフォー。
薬味をいっぱい乗っけていただきます。
なぜに、パクチーがない?
パクチーがあったら、90点あげてもよかったのに。



だんなと一緒のときは、ビーガンレストラン。
なんちゃって肉のタコス。
これは、これで、ふつ〜においしい。
これが、肉じゃないなんて、ちょっと感激なんかもしたりして。


ヘアカット

突然、モーちゃんが髪の毛を切りたいと言い出しました。
最後に切ったのは2ヶ月前。
そのとき、肩すれすれのボブにしたのが
まだ全然伸びてないので、
いいよ、まだ、と相手にしていなかったら、
なんと今度はショートヘアにしたいと言う。

ショートヘアね〜、
小顔だったら、かわいいと思うんだけどね〜。
代々続く顔のデカイ家系だからね〜。
似合わないと思うよ〜。
と正直な母の気持ちを伝えたけど
彼女の気持ちは固まっているようで
美容院に連れていかされました。

かわいいショートヘアのモデルの写真を見せ
これと同じにしてくださいと注文した結果。



あら、なかなかさっぱりしていいんじゃない?
と親のひいき目の感想とは裏腹に
当の本人は、失敗した〜、切るんじゃなかったと
後悔の嵐。
不貞腐れて、写真を撮らせてくれないので、



食事中、盗撮。
見〜た〜な〜。

鏡を見る度にため息をつく娘。
大丈夫、髪の毛なんだから、いつか伸びるさ。


息子、13歳

9月16日、マー坊が13歳になりました。
とうとうティ−ンの仲間入り。
ずいぶん前から、態度だけはティーンなので
すでに苦労しておりますが。

23670F2.jpgjonahs birthday 034Jonah2 04-12-05
IMG_3106.jpgIMG_6927.jpg
IMG_4561.jpgPicture 2032
Picture 6827IMG_3604.jpgP1080220.jpg
P1130349.jpgP1170473.jpgfc2blog_20140917125611998.jpg

こんな感じで大きくなってきました。
最後の写真が、本日のマー坊。
笑わない。
笑え!って脅すと、わざとバカみたいな笑顔をして
ブログに載せるにはやばい写真。
は〜、どうして、こうも協力的ではないんでしょう。
親には口答えするは、妹にはすぐケンカふっかけるは...
家ではため息ばかりつかされる息子だけど、
外面はすこぶるいいようで
スポーツのコーチや学校の先生には評判よく
うまくやってるようです。
誰に似たんだか、世渡り上手。

ここ最近、毎年同じ事書いてるけど
生意気な態度はほどほどに、
元気で楽しく生きてくれれば、文句はございません。
お誕生日おめでとう。
私はあなたの母ちゃんで、幸せです。(9割程度)



赤ちゃん



ブログでは、公表してませんでしたが
実は3人目が生まれました。




はい、皆さん、お気づきかと思いますが
大ウソです。
すみません。

シカゴ時代のお友達が、ママさんになりました。
いや〜、久しぶりの新生児との触れ合い。
私の周りはと〜の昔に妊娠、出産ラッシュが
終わってしまってたので、うれしいサプライズ。
久しぶり過ぎて、どうやって抱っこするか忘れちゃったよ。
生後数時間の赤ちゃん、
当たり前だけど、首が座ってないから
恐る恐る抱っこしたけど、肩凝るわ!

それにしても、なんなんだろう。
この、余裕のある、愛情。
育てていくという責任がないせいか、とにかくかわいい。
おばあちゃん、おじいちゃんの気持ちがよくわかりました。

今から、夜中の授乳や寝かしつけをする元気はないけど
時々かわいがる自信はおおいにあり。
親戚のおばちゃんとして、べったべたに甘やかしてあげよう。


トルコの旅 最終日

トルコの旅行から、帰ってきて
約1ヶ月経ってしまいました。
記憶がどんどん薄れてきております。
早く書き終えなくては・・・

最終日です。

まずは、どこに行くにも遠く不便極まりなかったホテルから
旧市街のホテルに移動。
ブルーモスクからも、グランドバザールからも
徒歩圏内。
やっぱり、おのぼりさん丸出しの観光客は、旧市街のホテルに限ります。

DSCN2167.jpg

何百とあるイスタンブールのホテルの中で
第9位(トリップアドバイザー)に選ばれた、ホテル。
こじんまりとしたブティックホテル。

DSCN2114.jpg

お部屋の中は、こんな感じで。
決して広くはないけど、清潔感があってグー。
なによりも、ホテルの従業員が素晴らしい。
チェックインの際には、ウェルカムドリンク、スナックが振舞われ
目が合えば、お茶飲まないか?お腹減ってないか?攻撃。

DSCN2116.jpg

1泊しかしないってのに、アメニティてんこ盛り。

DSCN2170.jpg

ホテルの周りは、夜、ふらふらしても、身の危険を感じません。
観光客しか歩いてないんでね。

DSCN2118.jpg

この日は、何したっけな?
あ、最後にもう1度拝んでおこうということで、
ブルーモスク。

DSCN2125.jpgDSCN2123.jpg

そうそう、初めて公共交通機関にチャレンジ。
最終日まで、リラが安いことをいいことにに、タクシーに甘えてました。
線路の上を走るトロリーなので
渋滞にはまらず、スイスイ。
タクシーより全然いいじゃん。

DSCN2127.jpgDSCN2126.jpg
DSCN2130.jpgDSCN2131.jpg

お~~~~!!!こんなところにあった~~~!と興奮しただんなが
指差す方向にあったものは・・・
Komagene
これ、これ、食べたかったんだよ~と興奮するだんな。
いったい、なんなんだ?
アーモンド、ピーナツ、その他諸々のナッツで
作ったペーストとスパイスを
野菜といっしょにトルティアで
くるくるっと巻いたものって感じでしょうか。
説明だと、あまり美味そうじゃないけど、
これが、なかなか!
だんなのを一口食べた子供達まで気に入ってしまい、
追加オーダーしたぐらい。

DSCN2135.jpg

電車を乗り継いで向かった先は
タクシム広場。
トルコ共和国独立記念碑の前で、眩しさに絶えられない少年。

DSCN2149.jpgDSCN2154.jpg

タクシム広場のあるエリアは
新市街と呼ばれてるエリアだけあって、
近代的なビルやお店が並んでます。
歩行者天国のイスティクラル通り。
観光客よりも地元の人でごったがえしております。
ショッピング命の娘は、かわいいトルコ雑貨には目もくれず
アメリカのモールにでもありそうな
洋服屋ではじけてました。

さて、ここから女チーム、男チームに別れて別行動。

DSCN2168.jpg

女は最後のショッピングへ。
アンタルヤですでにトルコランプは買ったというのに
見ると欲しくなる...
ホントにきれいだな〜。
家中のランプ、全部トルコランプにしてやりたい。

DSCN2180.jpgDSCN2181.jpg

3時間ほど前に夕飯食べたっていうのに、
夜食を食べにやってきた女チーム。
夜食っていうレベルじゃないボリューム。
完食したぜ!

男チームは、なにしてたかというと。



フェリーでアジアサイドに渡り
サッカーの試合を観に行ってました。
イギリス名門チーム、チェルシーとトルコのチームが
闘うっていうんで(なんかのチャリティ)
そりゃ楽しみにしていた男組。
いくら好きだっていってもね〜、
試合終わったの、夜中の12時近く。
で、ホテルに戻ってきたのが、1時半。
次の日の起床時間3時半!(早朝6時のフライトだからね)
2時間しか寝てないマー坊、へとへとでした。




ヨーロッパサイドからアジアサイドに渡るフェリーから
見た夕日。

DSCN2143.jpg

13日間におよぶトルコの旅、終了。
いままでのバケーションの中で、ぶっちぎり1位に躍り出ました。
ほんと〜〜〜〜に、楽しかった。
またいつか、本当にいつか、遊びに行けたらいいな。



トルコ土産

トルコねた、ひっぱります。
土産の紹介。

トルコ、かわいいものがいっぱい売ってました。
有名なトルコランプは、もちろんのこと、
ブルーモスクや他の寺院でもよく見られた
青を基調としたタイルなど
かわいいものがいっぱい。
あ、そうそう、キリムも忘れてはいけません。



アンタルヤで一目惚れして買ったキリム、クッションカバー。
これ、似たようなのがPottery Barnで約50ドル。
まけて〜とがんばって、12ドルほどで購入。



こちらは店員おすすめの2点。
正直、私の好みの柄じゃないけど、
これは、とても込んだデザイン、高価だ、高価だって
うるさいので、購入。
高価だって、うるさい割に、2つで30ドル。
特に小さめの長方形のカバーは、伝統的な柄らしく
トルコではとても人気らしいです。
買ったのはいいけど、こっちに戻ってきて
このサイズのクッション(インサート)を見つけるのが大変だったわ。



トルコランプ。
青のきれいなモザイクに惚れて買ったけど、
我が家の赤系暖色リビングルームには
ちょっと浮いてしまってます。



でも、やっぱりきれい。
そうそう、このランプも、アメリカ仕様ではないので
いろいろ大変でした。
まず、プラグがアメリカのコンセントには合わないので
アダプターを買い、
そんでもって、電球のソケットのサイズが違うってんで
アジャスターも買い、
面倒のかかるランプです。



鍋敷き。(?)
これは、な〜〜んの面倒もかからず。
いい買い物です。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

yuko

Author:yuko
愛知県名古屋出身のアラフォー女。
1999年結婚を機に、シカゴに移住。
2006年9月、夫の転勤で
デトロイト郊外に
引っ越してきました。
2011年9月からフルタイムで
働きに出ることに。
大好きな昼寝ができなくなって
悲しんでます。
家族構成・・・
42歳の夫、15歳の息子、
13歳の娘、7歳の雄犬
趣味 モデルハウス巡り、食べること、
昼寝、旅行

だっくくろっく

カレンダー(月別)

08 ≪│2014/09│≫ 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

Wedding Anniversary

*script by KT*

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。