2012-04


第3位の味

独りで”なごみ”でランチしました。
最近、ランチ時間が変更。
私は11時半から1時間。
11時半ってのはまだお腹も減ってなかったりして微妙だけど
店が混んでないってのがいい。
11時40分に到着した”なごみ”、
なんと1番乗りでした。
今日も気分はラーメン。ここでは麺もの以外食べる気がしない。
壁に貼ってあるメニューの写真を見て
悩むこと数分。
辛みそラーメンに決定。
めちゃくちゃ、チャンポンと辛みそラーメンの間で悩んだわ。
1番乗りなので、
もちろん、48番さんできましたよ~と呼ばれるのも1番。
うれしいです。



辛みそラーメン。
コーンが味噌ラーメンってのを強くアピール。
たっぷりの野菜に肉あり、エビありで具沢山。
麺もツルツルしこしこでいい感じ。
しかし、スープが...もう少しコクが欲しかった。
辛みそなのに、そんなに辛くないし。
1位チャンポン、2位名古屋ラーメン、3位辛みそラーメン...
私の中のなごみラーメン順位です。

おまけ


先週、桜で食べたキッチンスペシャル。
こんなにいろいろついて7ドル弱。
魚のカマ焼きにひじきに切り干し大根。
おばあちゃんの昼飯みたいなメニュー。
昔はひじきなんて大嫌いだったのに、
嗜好ってのは変わるね。
しみじみおいしかったです。



スポンサーサイト

ユニフォーム

今月から、マー坊、野球が始まりました。
アイスホッケー(スプリングホッケー)に、サッカー、
そんでもって野球。
習い事の数は多いけど
どれもこれも秀でるものはなく
適当にやってます。
本人が楽しんでるから、よし...と思おう。
昨シーズンの野球チームはなんと一勝したのみ。
あとはボロボロ。
応援しに行くのが苦でした。
今シーズンはせめて2勝はしてもらいたい。(低い目標)
チーム名は大リーグのチームからいただきます。
マー坊はニューヨークメッツ。
小さい頃、メッツファンだっただんなは大喜び。



あまり趣味のよいとはいえないメッツカラー。
今回のコーチは、
シャツをズボンの中に入れろ!とは
言わないようで、うれしいです。
(この前のコーチは、シャツイン派らしく
チーム全員ぴっちりシャツをパンツの中に入れさせられてました。
かわいそうでした。)
本人が自由に選べる背番号。
マー坊は2番。
ドカベンが好きだったとは...知らなかった。



ドカベンとはいえ、キャッチャーではなく
目指すのはピッチャー。
ダルビッシュ目指してがんばってね。


週末



バケーションにまたきてます。
うっそで~~す。
仕事でパープスプリングスに行ってるだんなから
ホテルからの眺め、羨ましいだろ~っていう
憎たらしいコメントといっしょに
写メが送られてきました。
パームスプリングスはどうでもいいけど
仕事とはいえ、ひとりでのんびりホテルで過ごしてる
だんなは確かに羨ましい。

ということで週末は母子家庭。
土曜日のスケジュール、9時から1時間半マー坊の野球練習。
3時からモーちゃん、お友達のスリープオーバーに参加。
4時からはマー坊3時間みっちりホッケーの練習。
送迎係は大変です。
出たり入ったりで面倒臭いけど、
ま、なんとかなるもんだ。
私が働き出してからというもの、8割の確率で
習い事送迎担当のだんなは
どれだけ送り迎えが大変なことだってことを
よくこぼしてるけど、たいしたことないじゃん。
余裕、余裕。(いや、余裕は言い過ぎ)
送迎はなんとかこなしたけど
問題が一つありました。
ホッケーの練習後に、はりきりママさんが家でパーティーをすると言い出した。
子供だけじゃなく、親も参加してね、ときた。
チーム親睦のために(スプリングホッケー始まったばかり)
集合をかけてくれたらしい。
マー坊は行く気満々、私は行かない気満々。
本音は新しいチームメートと仲良くなってもらうために
マー坊に参加してもらいたい。
けど...今日は無理!新しい面子の中に飛び込んで
いつまで続くかわからないパーティーに参加は無理と
赤信号点滅。
マー坊にごめん、お母さん、英語でパーティーはしんど過ぎると言って
許してもらいました。
こういうとき、だんながいてくれたら。(こういうときこそのだんな)
マー坊にはかわいそうなことしたな。
アメリカ生活、たまに無性に嫌になる。
日本、帰りたい。(恒例の鬱っぽい症状か?)


ダルビッシュ

仕事中に滅多に電話をかけてこないだんなから
電話がありました。
子供が病気にでもなったか?と思ったら
今日さ~、デトロイトでダルビッシュ登板するけど
チケット買う?
でした。
買う!買う!と言って、急遽ナイターに行くことに。
野暮用で子供達とだんなは先にデトロイト市内入りしてたので
待ち合わせ場所は野球場の近く。
考えてみたら、ダウンタウンまで運転したことないぞ。
急に不安になったけど、ダルビッシュ見たさで
がんばりました。
...無事、球場に到着。
5割ほど埋まってるって感じでしょうか?
日本人も思ったより見かけない。
イチローが来たときは、日本人だらけだった記憶があるのに...
平日だからかね。
レンジャース側ブルペンのそばの席を買ったので
ピッチング練習のダルビッシュをガン見することができました。

P1100417.jpg

あ、いた。
やっぱりスラ~としてるのね。

P1100418.jpg

もう少し近くに。

P1100426.jpg

さらにズームイン。
安物のデジカメで、よくここまでがんばった。上出来です。

P1100441.jpg

だんながこのまえテキサス出張のときに
買ってきたダルビッシュのTシャツを着るマー坊。
タイガースファンの息子は、
え~!マジ、これ着るの?タイガーズファンにボコボコにされるよ。
なんて言ってたのに
ダルビッシュ目の前にしたら、まんざらでもなさそう。
タイガースファンの中にまぎれて
一人だけレンジャーズのシャツを着て
相当目立ってたのか、
それとも、その母親が気持ち悪いぐらいガン見してたからか
わからないけど
マー坊、ダルビッシュが投げてた練習用のボールを
もらうことができました。
ラッキ~♪

P1100454.jpg

いい記念になったね。

試合は10対3でレンジャーズの勝利。
ミシガン在住としては、残念だったけど
やっぱり日本人ががんばってくれるほうがうれしい。
周りに隠れて、レンジャーズの勝利を
こっそり祝福させてもらいました。


麺対決

次長課長の河本のギャグ
お前に食わせるタンメンはねぇ!
を聞く度に(最近ご無沙汰だけど)
タンメンっていったいどんなんなんだろう?
と疑問だった私。
やっと実物を食す機会に恵まれました。
タンメンってのはどうやら関東でメジャーらしい。
私の地元、愛知県では
お目にかかったことがありません。
この貴重な体験をさせてくれたのは、
この前名古屋ラーメンを食べた
日本人サラリーマンで賑わう”なごみ”
今回はお友達と一緒に行ってきました。
相変わらず企業戦士で賑わう店内。
混んでるけど、無駄口叩かないサラリーマン、
テレビの音だけが響き渡って静かなもんです。
店に着く前から今日はチャンポン!と決めていた私、
早速食券で購入。あら?タンメンは?
実はタンメンはお友達が頼んだもの。
友達がタンメンを頼んだと聞いてから
ムクムクと興味が。
河本が言ってたタンメン!
お~、やっと幻の食べ物にお目にかかることができる~~~。
う~、一体どんなんなんだ?

でも友達の前では冷静沈着を装う私。



10分ほどして、登場。
酷似。
エビがちょろっと見えてる左がちゃんぽん。
この見た目からすると、スープの味も似たようなもんだろうな
と思ってたら
かな~~~り違った。
お互いのちょっと交換しない?っと提案し、
まんまと人生初のタンメンを食すのに成功。
気になるお味は...あら、優しい味。
よく言えば、控えめな味、正直な感想、味うすっ。
お友達は、味よりも平麺だってことにかなりご立腹でした。
本当のタンメンは平麺ではないの?
う~~ん、期待度が高かった分だけ、残念な結果。
この勝負、チャンポンの勝ち。
チャンポンはニンニクが効いててうまかった~。
週2でもいけるかも。

ニューメキシコの旅 最終日

最終日です。
なんで、バケーションの時間ってのは
こんなにあっという間に過ぎてしまうんでしょう。
最終日の8日はイースターということで
旅先でもエッグハント、がんばってもらいました。
子供達(私も)が寝静まった前夜に
だんながタマゴを隠しておいてくれました。

P1100363.jpgP1100364.jpg

ランタンの上にタマゴ。バレバレだろ。
冷蔵庫の中にもひっそりと。
旅行中、1度も自主的に起きなかった子供達なのに、
イースターの日は8時前に起きてきた。
この歳になっても、枕元にイースタバスケットを
見つけ、大喜び。
本当にイースターバニーが持ってきたと思ってるんですけど...
大丈夫か?

P1100375.jpgP1100377.jpg

庭にも隠してありました。
まさか日本庭園でエッグハントをする機会があるとは。
貴重な体験。
我が家の子供達は、ケンカ大好きなので
タマゴの数も各自何個までと決めておかないと
あっという間にケンカに発展。
今年も、各自タマゴは30個までと決めて、がんばってもらいました。

P1100380.jpg

12時にはこの素敵なホテルともおさらば。
この笑える甚平ともさようならかと思うと寂しい。

P1100349.jpg

Don't disturbって言いたかったんだろうね。

5泊6日のニューメキシコの旅、
Taos Pueblo、 St Francis教会の内部など
イースターホリデーのために訪れることができなかったってのが
心残りだけど
総合的に94点の仕上がりでした。
宮沢りえ並みの写真を撮ることができなかったってのが
マイナス6点の理由です。



おみやげ。
グリーンチリのお菓子が病付き。
辛い系と甘い系の絶妙のコラボ。
SouthWesternスタイルの小物はかわいい♪

ニューメキシコの旅 5日目後半

午後からはKasha-Katuwe Tent Rocks National Monumentにレッツゴー。
サンタフェから南西に約40マイルほど走ったら到着。
こちらもナショナルモニュメントだというのに、
あまり人気がないのか静かなもんです。
私的にはテントロックの写真をパシャリと撮って
さようならのつもりだったのに、
だんな、子供はトレイルを歩く気満々。
いつの間にかサンダルからスニーカーに履き替えてるし。
スニーカーなんて持ってきてない私は
一人だけ、サンダルで臨むことに。
周りを見てみると、スニーカーは当たり前、
中にはトレッキングブーツを履き、杖まで持って気合い十分の人も。
大丈夫でしょうか、私。

P1100239.jpg

トレイルの出発点。
駐車場からここまで歩いただけで、息が切れる私。
大丈夫じゃなさそう。

P1100248.jpg

根っこが丸出しの木。
木大好き人間のだんなは、ワオワオ感動。
iPhoneで10枚ぐらい写真撮ってました。どんだけ好き。

P1100255.jpg

舗装した道がガタガタ道になってきた。
傾斜もきつくなってきた。
サンダルの私は、もちろん最後尾をとぼとぼ。
みんなについて行くのに必死です。

P1100265.jpg

道、狭っ!
運動音痴のモーちゃん、すぐ弱音を吐くと思ってたのに
意外や意外、
先頭に立って、すたすた歩いてました。

P1100298.jpg

テントの形をしたテントロック!(そのまんま)

P1100278.jpg

さっきまで目の前にあったテントロックを
見下ろす位置まで登ってきたぞ。ゼ~ゼ~。
サンダルの紐が足に食い込んで痛いです。

P1100290.jpg

やった~。
登りきったぞ~!
サンダル(それもヒール高いぞ)で頂上までがんばった人
なかなかいないだろうね。
登る過程は余裕をこいてただんなだったけど
高所恐怖症ってことに
頂上で思い出したらしく、急におどおど。
子供が崖っぷちを歩こうとしてるのを見たら
ヒ~~、やめてくれ~、心臓が痛い~、ヒ~と
うるさいので、
頂上滞在10分ほどで下山することに。

P1100311.jpgP1100302.jpg

行きもゼーゼー、帰りもゼーゼー。
でも、自然は素晴らしい。
約3時間のハイキング、楽しかった!
次回があれば、必ずスニーカー持参です。

サンタフェ最後の夜のホテルは...
またTen Thousand Wavesに泊まってしまった~。
最終日に泊まる予定だったホテルをわざわざキャンセルして
急遽Ten Thousand Wavesに変更。
私も気に入ったけど、だんながめっちゃ気に入ったんでね。

P1100319.jpgP1100320.jpgP1100334.jpg
P1100326.jpgP1100323.jpgP1100328.jpg
P1100366.jpgP1100359.jpgP1100352.jpg

今回はSuigetsu(水月)っていうお部屋。
前泊まった部屋より、狭いけど
設備はこっちのほうがモダンな感じ。
相変わらず、リラックスできました。
だんな、子供が露天風呂でのんびりしてる間、
わたしは80分間マッサージ。
極楽、極楽。
ここに住み込みで働きたくなりました。


ニューメキシコの旅 5日目

あ~、旅日記、しんどくなってきたけど
記録、自己満足のためにがんばるぞ。
あと1日!
皆さんもついてきてね。

P1100197.jpgP1100179.jpg

4日目の夜はInn of the Governorsに宿泊。
ここはサンタフェのホテルランキングでは
必ず5位以内に入るという人気ホテル。
豪華な朝食バッフェ、午後にはお茶、シェリー酒が振舞われます。
午後は、フラフラしてたために
シェリー酒もらい損ねた。残念。
外観はちょっとモーテルチックだけど
中はかなりゴージャス。

P1100182.jpgP1100171.jpgP1100175.jpg
P1100176.jpgP1100194.jpgP1100196.jpg

私たちの部屋。
ベッドルームとリビングスペースが分かれてて
ひろび~ろ。
Kiva Fireplaceがありました。
朝夕はかなり寒くなるサンタフェ、
暖炉が大活躍。
インテリアがかわいい♪

P1100227.jpg

この日の午前中は本格的にサンタフェの観光することに。
宮沢りえの写真集以来、(実際拝見したことはないけど)
ずっと来てみたかったサンタフェ。
さぁどこから攻めようか。
とはいえ、攻めるもなにも
思ったよりも全然小さかったサンタフェ、
1時間もあればダウンタウンを一通り回れちゃいます。

P1100198.jpgP1100199.jpg

ニューメキシコといえば、チリ。
いろんな軒下でぶら下がってるのを見かけました。
ドアの周りもチリ!
チリを使った料理、2回ほど食したけど
詰まってた鼻がす~~と開通。
赤チリと緑チリ両方を使ったソースはクリスマスと呼ばれてました。
最初、ウェイトレスにソースはクリスマスにしとく?
って聞かれたとき、ムムム、なんだ、それは?
と思ったけど、説明されて納得。
赤と緑、クリスマスカラーだもんね。
粋なネーミングです。

P1100205.jpgP1100207.jpg

街のあちこちに
こんな感じのSaintが。
素朴でいい!

P1100213.jpgP1100219.jpg
P1100216.jpgP1100217.jpg

ダウンタウンの中心にそびえ立つSaint Francis Cathedral
このドア、なんかいろいろ彫られてます。
さて、中に入ろうかねと重いドアを開けて入ってみたら…
あちゃ~。
明日のイースターのために今日は準備中、
観光客は入れませんと書かれた看板が。
Taos Puebloに引き続き、拒絶されました。
ちょっとばかり失礼と、ガラス越しに写真をパシャリ。
ま、私はこれぐらいで十分です。

P1100004.jpg

サンタフェの街は、赤茶けた建物ばかり。いい味出してます。
お店も一般家屋もほとんどがこんな感じ。
建物の規制があるのかな。

P1100225.jpg

露天でも、高級ジュエリー屋さんでも
一押しはトルコ石。
私の誕生石でもあるトルコ石。
旅の記念に欲しいな~と思ったけど
本物って高い!
インディアンのおばさんたちがよくつけてるごっついやつが欲しかったけど、
値段見たら軽く1000ドル越え。へなへな~。
Forever21で買った、
なんちゃってトルコ石ブレスレット(6ドルだった)で我慢します。

午後からは大自然と戯れてきました。

5日目午後へつづく。



ニューメキシコの旅 4日目

ニューメキシコ滞在4日目。
朝風呂でさっぱりした私たち、
向かう先は、世界遺産のTaos Pueblo.
1000年以上継続されている北部ティワ語を話すネイティブインディアン、
プエブロ部族の古代の集落。
赤褐色のかっくかくした団地みたいな住宅が
タオスプエブロ建築として有名です。
Santa FeからTaos Puebloまでは車で約1時間半。

P1100098.jpg

道中、こんな景色が広がります。
雪山~。
スイスのモンブランを思い出させます。行ったことないけど。
美しい景色に見とれてたら
あっという間にタオスの街に到着。

P1100101.jpgP1100115.jpg
P1100117.jpgP1100118.jpg

ダウンタウンの建物のほとんどがプエブロ建築を意識して
作られてます。
マックまでかっくかくしてる。
教会も、ミシガンで見かける教会とは違い、
素朴で暖かい感じがして、なんかホッとする。
タオスはアーティストが集う街としても
有名らしく、そこらへんにギャラリーがありました。
屋外ギャラリーなんかもあって、面白い。
芸術に疎い私にはただのガラクタにしか見えないってのが悲しいけど。
タオスのダウンタウンでランチ、街ブラをしてから
楽しみにしていたプエブロ集落へレッツゴー!
...あら、集落に続く道が交通止めになっている。
ネイティブインディアンのお兄ちゃんが
仁王立ちでとおせんぼ。
どうして行けないの?って聞いたところ
13日まで、大事なインディアンの儀式があるから
一般の人は集落に入れないぜ、
すまんけど、よろしくな。
と言われてしまいました。
ショック~~~~。
目の前に世界遺産があるのに見れない~~~~。
あ~、このときほどネイティブインディアンになりたい
と思ったことはない。
どんだけ願ってもインディアンになれないので泣く泣くUターン。

気持ちを切り替え
奇跡を起こすと言われている教会、
パワースポットとしても有名な
El Santuario de Chimayo(サンチュアリオ・デ・チマヨ)に行ってきました。
タオスからチマヨまでは約1時間。
グッドフライデーからイースターにかけて
1万人以上の巡礼者が参拝にくるということで
それはそれは大賑わい。
なんとすごいことに、敬虔な信者はサンタフェからチマヨまでの40マイルの道のりを
祈りながら歩いてくるそうな。

P1100154.jpg

ハイウェイをサンチュアリオ・デ・チマヨに向かってがんばって歩く巡礼者たち。
気合い入ってる人は十字架背負って歩いてました。

P1100135.jpg

サンチュアリオ・デ・チマヨ
40マイルも歩いてやっと辿り着いた人たちが多数だっていうのに
車で楽々、到着してしまった私たち...
なんか申し訳ない。
20分ほど並んで、教会の中へ。
この教会の中には、奇跡の砂とよばれる砂が湧いており
それを患部にこすると病気が治ると信じられてます。
教会の隅に小さな落とし穴みたいなのがあり
そこに奇跡の砂はありました。
5スクープほどいただきました。
病気になったときは、こすりつけてみよう。

P1100143.jpgP1100146.jpg
P1100150.jpgP1100128.jpg

サンチュアリオ・デ・チマヨの周りは
なんか暖かい雰囲気に包まれてます。
クリスチャンでもなければ、全然信仰心のない私だけど
ここにいる間、なんか神様の存在が信じられました。
こんな気持ち、はじめて。
クリスチャンのだんなは、かなり感動したようで
何度もひざまずいて、お祈り。
信仰するものがあるって、なんかいいな~。

P1100159.jpg

チマヨから帰るときにみた夕暮れ。


Santa Feで日本気分 3日目

翌朝になっても
げろげ~ろのマー坊。
吐いた後、一瞬は気分が良くなり
テレビを見て笑ったりしてるけど、
10分もすると、またまた顔面蒼白になり
気持ち悪い~を連発。
こんなの連れてじゃ、観光できん、ということで
3日目に宿泊予定のホテルに早々チェックイン。
今日のホテルは、昨日のLa Fondaより実は楽しみにしていたホテル...
Ten Thousand Waves Resort.
サンタフェ、温泉で検索してたときに
出会ってしまいました。
ホテルのホームページで見る限り、そこは日本!
なかなか日本に帰れない私にとっては、パラダイス。
サンタフェに行った際にはなにがなんでもここに泊まるぞ!と
決めてました。
予算の関係で1泊だけね。

P1100068.jpgP1100070.jpg
P1100072.jpgP1100085.jpg

実際、到着してびっくり。
日本より日本っぽくしてがんばってます。
ハリウッド映画で見るなんちゃって日本とは違って
趣味のいいインテリアで、落ち着くわ~。
公共風呂2つに、貸し切り風呂が6-7個。
宿泊客は公共風呂にはただで入れます。
貸し切り風呂はお一人様35ドルから45ドル。(風呂のタイプによって料金違う)
公共風呂は、1つが混浴、1つが女性専用。
だんなは混浴風呂にはりきってレッツゴー。
なんと、ここ、裸で入ってもオーケーなお風呂。
だんなによると、混浴に入ってる女性
結構な確率で裸だったそうです。
アメリカ女も大胆だね。

P1100089.jpgP1100074.jpg
P1100092.jpgP1100093.jpg

足湯が気持ちよくて放心状態のモーちゃん。
右は女性専用風呂。
畳の敷かれた部屋はリラックスルーム。
ここで寝そべって、ぼ~としてたら涙が出そうなほど幸せな気分になりました。
アメリカ人も畳の上で幸せそうだったな。
畳はユニバーサルだね。

P1100038.jpgP1100059.jpgP1100040.jpg
P1100044.jpgP1100062.jpgP1100021.jpg

私たちの泊まったお部屋、Tsuki.
リビングルーム、ベッドルーム、フルキッチン、
バックヤードまでついた大きな部屋。
トイレはなんとウォシュレット付き。
子供達、大興奮。
アメリカ人のオーナー、日本に行っては
ちょこちょこ日本のインテリアを買ってきて
がんばってここまでしたそうです。
上出来だ。
宿は大きな敷地内にたったの12棟。
贅沢な造りです。

夜になってやっと復活したマー坊。
体調が悪い原因が発覚。
軽い高山病でした。
サンタフェはなんと標高約2000メートル。
富士山まではいかないけど、かなりの標高。
ミシガンみたいなところから来ると、気分が悪くなっても
おかしくないらしい。
そういえば、私も到着してから2日ほど頭がず~んと重かった。
標高、なめたらダメです。


La Fonda on the Plaza

Santa Feに入っての宿は
ここら辺では1、2を争う有名、人気ホテル
La Fondaに泊まりました。
サンタフェトレイルが開通したと同時に開業したホテルが
前身らしく、今現在の建物は1922年築ということだから
90周年!
ネイティブインディアンのインテリアがいたるところに
施されたホテル。
泊まる前から、素敵なホテルの写真を見てはそれはそれは
宿泊するのを楽しみにしてました。

P1100001.jpg
P1100002.jpg

サンタフェの中心地、Plazaのど真ん中に位置するホテル。
周りはレストラン、雑貨屋、ギフトショップが
並び、観光客には最高のロケーション。

P1090999.jpgP1090983.jpg

外観からは、そんなに大きなホテルには思えないけど
中に入るとレストランあり、
ショッピングセンターあり、バーあり、
かなりゆったりしてます。
チェックインしたのが9時過ぎと遅かったのに
ロビー付近のバーはじいちゃん、ばあちゃんで大賑わい。
アルバカーキの空港に着いたときから
思ってたけど、
ここ、じいちゃんばあちゃん観光客が多い!
老人ホームの遠足か?状態。

P1090986.jpgP1090991.jpg
P1090996.jpgP1100010.jpg

部屋はこんな感じで、
決して広くはありません。
でも、インテリアがかわいい♪

P1090985.jpgP1090997.jpg

廊下にはネイティブインディアン縁のアート。
プール、フィットネスルームのサインも
レトロちっくでかわいい♪

さて、かわいい部屋でスヤスヤ寝てるときに
隣で寝てるマー坊が
ゴソゴソ動き出し、
急に気持ち悪いと言い出した。
時計を見たら、夜中の2時。眠い...
しかし、横で気持ち悪い~~を連発する息子を無視するわけもいかず
トイレに付き合って背中さすったり、
薬あげたり。
朝まで、嘔吐3回。
次の日になっても、復活せず。
なんか変なもの食べたか?

サンタフェ3日目に続く。





ニューメキシコの旅 2日目

P1090787.jpgP1090784.jpg

初日の夜は温泉地から2時間半程走ったところにある
Alamogordoで宿泊。
Hampton Innです。
なんてことはない、チェーンのホテルだけど
ここのフリー朝食は種類も豊富でなかなか。
ガッツガツ、朝から食べる我が家にはありがたいホテルです。
今日の目的はWhite Sands National Monument!
約20年前に、当時ブイブイ言わせてたBoyz ? menのプロモーションビデオを
見て以来、ここに行きたかった!
彼らが一面真っ白な砂丘の上で、
歌ってる姿はめちゃくちゃインパクトがあって、かっこよかった。
真っ白な砂丘の上で、Boyz ? menの歌を口ずさむという
夢をやっと叶えることができました。

P1090800.jpgP1090802.jpg
P1090803.jpgP1090806.jpg

本日は晴天のニューメキシコ。
空の色が眩し過ぎるぜ。
土壁でできたサンタフェ風建築が真っ青の空に
一段と映えます。きれいだな~。
ここは国立モニュメントということで、
国立公園スタンプオタクの子供達はウホウホ。
スタンプパスポートに新しいスタンプを追加できて大喜び。
マグネットオタクの私は、
マグネットを2つほど購入して、ウホウホ。

P1090831.jpgP1090842.jpg

入場料を払い、
車でしばらく走ると、景色がだんだん白くなってきた~~!
お~~~、これ、これ!
Boyz ? menが歌ってた景色だよ~!
10分も走ると、舗道もなくなり
一面真っ白。
すごい...美し過ぎる。
そんでもって、ここ、そんなに人気じゃないらしく人が少ない。
みんな、もっと来ようよ。いいところだよ。
この乳白色の砂の正体は石膏だそうです。ふ~ん。
ビジターセンターでいろいろ勉強したのに
あっという間に忘れてしまった。

ここではトレイルを歩く他に
ソリで滑るっていうお楽しみがあります。

P1090939.jpg

ビジターセンターでこんなソリが売ってます。
15ドル也。
滑り終わったら返却可。その際、5ドルだけ返金されます。
本当だったら、キープしたかったけど
こんなん持って飛行機乗りたくないので、返却。

P1090855.jpgP1090867.jpg

よいしょ、よいしょと登る子供達。
私も何度か滑ってみたけど、
砂の上を登るのってのはかなりつらい!
足がズブズブズブ~~~と入ってしまい、頂上に着く頃には
人相変わってました。
モーちゃん、重過ぎのため、進まない?

P1090917.jpg

マー坊は途中からスノボスタイルで滑ってました。
日焼け止めをちゃんと塗ってたにもかかかわらず
日差しの照り返しが強くて
みんな顔真っ赤っか。

P1090895.jpg

どこを見回しても、白、白、白!
あまりの美しさにボーとなり
Boyz ? menの歌を歌うのを忘れてしまいました。
5時間程、トレイル歩いたり、そり滑りしたり
自然を満喫した私たち...
その後、体調を崩すことなど露知らず、楽しく遊んでました。


ニューメキシコの旅 1日目

P1090704.jpg

ミネアポリス空港のスヌーピー。
スヌーピー生みの親、チャールズ・M・シュルツが
セントポール(ミネソタ)出身とゆうことで、
空港にデカスヌーピー。
子供押しのけて、スヌーピーとツーショットしてたら
アメリカ人に珍しそうな顔されました。
いい歳したおばさんがなにしてるんだ?って感じ。

今回のバケーションに選ばれた地。
ミネアポリス!
ではなく、
ずっと憧れ続けてきた(宮沢りえの写真集あたりから)
サンタフェ!
アメリカの人気観光地ベスト10には必ず入る魅力的な街に
やっと足を伸ばすことができました。

1時半にアルバカーキ空港着。
機長がアナウンスで言ってた通り
午前中までは雪が降っていたようで、所々雪が残ってました。
ニューメキシコって年中暖かいイメージだったけど
違うのね。
エンタープライズレンタカーで
マツダのミニバンっぽいSUVを拝借。
さて、Interstate25を2時間半程南下して向かった先は...

天然温泉で有名な
True or Consequences.
温泉~~~!!!!
何年ぶり~~~!

P1090727.jpg

Riverbend Hot Springs.
でっかい看板が目印です。

P1090748.jpg

川を見ながら浸かる温泉。
幸せだ。
混浴の大きなお風呂に4つのプライベート風呂。
混浴に入るのをそれはそれは楽しみにしていただんなだったけど、
子供連れの方は、プライベート風呂にしてね♪と
案内され、意気消沈してました。

P1090740.jpgP1090749.jpg
P1090754.jpgP1090757.jpg

で、家族4人でプライベート風呂。
プライベート風呂はノー水着でオーケーだっちゅうのに
頑なにノー水着を拒む子供達。
日本人の血が入ってるのに、おかしいな。
日本人の血が一滴も入ってないだんなが
すっぽんぽん。
目のやり場に困りました。

P1090768.jpg

どこにカメラを向けても
西部劇ちっくな街。
温泉地ということで、老人だらけかと思ったら
ヒッピーな感じな若者(なぜかヨーロピアン多し)がウロウロ。
でもさびれた温泉地感は拭えないが。
なんの効用があるのかまったくわからない温泉だったけど
ゆっくりできて
心も体もリフレッシュ♪

P1090722.jpgP1090775.jpg

さて、ホテルにチェックインして休むかね。
空がミシガンとは違う!
ワイルドな空に感動。


機上の人



デトロイト空港を飛び出して、
かれこれ5時間経過。
まだ到着しません。
遠い。

機長によると、 目的地の天気
ちょびっと雪だそうです。
春休みなのに、雪降る街に向かう私たち。
テンションちょっと下がり気味。



乗り継ぎ地の空港で食べたランチ。
Mauiタコス。
ウフフ、バケーション先
ハワイだって暴露ちゃった。





ハワイに雪は降らんだろう。
ウソついてゴメンなさい。

春休み



春休み中の子供達を連れて
今日からバケーションにいってきます!
日が登る前に我が家を出発。
空港に着いたら、こんな素敵な朝日を拝むことができました。
幸先いいぞ。



いってきま~す!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

yuko

Author:yuko
愛知県名古屋出身のアラフォー女。
1999年結婚を機に、シカゴに移住。
2006年9月、夫の転勤で
デトロイト郊外に
引っ越してきました。
2011年9月からフルタイムで
働きに出ることに。
大好きな昼寝ができなくなって
悲しんでます。
家族構成・・・
43歳の夫、16歳の息子、
14歳の娘、9歳の雄犬
趣味 モデルハウス巡り、食べること、
昼寝、旅行

だっくくろっく

カレンダー(月別)

03 ≪│2012/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

Wedding Anniversary

*script by KT*

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する