2011-07


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Buffalo Wings



2度目の訪問、Anchor Bar.
バッファローウィング発祥のお店です。
なぜにバッファロー???
突然、だんなのニューヨーク旅行、というか
修行についていくことになってしまった。
ニューヨークと言っても、
ニューヨークシティじゃないってのが
残念ですが。
ヒッピーの街でお馴染みのWoodstockに
約2週間滞在。
知り合いの家を借りての滞在なので
旅行のワクワク感は全くなし。
だんなは午前中はヒッピーたちと一緒にヨガ、
午後は仕事と忙しくなる予定だけど
私と子供たちは、
スケジュール真っ白。
何しましょ。
2週間のステイの間に1度ぐらいは
マンハッタンに行ければいいんだけど。



バッファローウィングで有名な
Anchor Barでピザを食べたいと言う
だんなと娘…
空気読めない親子です。
ま、だんなは肉食べないから仕方ないか。
私はマー坊と10ピースをシェア。
子供が食べるからと
辛さをマイルドにしたので、
ちょっと物足りなかったけど
外カリッ、中ジュワーで
うまうまでした。

Anchor Bar
1047 Main Street
Buffalo NY 14209



キレイな夕焼け。
朝7時にわが家を出発、只今、夜の8時半。
いまだ移動中。


スポンサーサイト

またもや送別会

またまた、送別会がありました。
今年は本帰国してしまうお友達が多い、多過ぎる。
数少ない友達がどんどんいなくなる~、
友達の数、もうそろそろ10本の指に収まるかも。
うちは補習校に入れてないので
これから先、日本人ママと知り合うこともないし
サークルや英会話クラスに参加する予定がないので
ニューフレンドと出会うきっかけ全くなし。
量より質!とわかっていても
友達が減っていくのは寂しいです。
送別会は韓国レストランで。
久しぶりに訪れた店内。。。
なんか活気がない。
到着したときは、まだ早いからかね~と思ってたけど
お昼時の忙しい時間帯になっても
ひっそり。
昔は韓国人だけではなく日本人も
わんさかいて賑わってたのに
どうしちゃったんでしょう。
いつも笑顔を絶やさないウェイターのサービスもいいし
味もおいしいのにね。

P1060427.jpgP1060426.jpg

もしかして、客減少の理由はこれ?
フリーで出てくるお惣菜の量が
すんごいことになってます。
少なっ!
以前は各テーブルに1つもしくは2つだった総菜が
各自配給されるようになったとはいえ。。。
減らし過ぎ~!
あ、メインのチゲは相変わらず、
とってもおいしかったです。

場所を移してコーヒータイム。

P1060434.jpg

夏休みということで
子供たちもいっしょ。
うちは、モーちゃんだけ連れて行きました。
2人連れて行くと大変なことになるのでね。
(マー坊はだんなとお留守番)
久しぶりにこのメンバーに会えるのを楽しみにしてた娘だけど
久しぶり過ぎたのか
なかなか溶けこまないまま。。。
終了!
社交的な(自分で言うな)両親から
生まれたくせに
シャイでウジウジ傾向の
我が子供たち、
面倒臭いです。

本日、主役のAさん、
いままでお世話になりました。
あなたが作ってくれたモンブランの味は一生忘れません。
日本で再会できると信じてるよ~。

flirty cupcake on wheels

Hmoonちゃん、
カップケーキ大好き人間の私のために
わざわざシカゴから
保冷バッグに入れ、
カップケーキを運んできてくれました。
ありがたや、ありがたや。



flirty cupcake on wheelsのカップケーキ。
wheels=車のタイヤ
そう、このお店、
トラックでの移動カップケーキ屋さん。
シカゴ市内、郊外を
かわいいトラックで移動販売してるらしい。
我が家訪問の前日、
シカゴ北西部郊外にトラック出没情報をゲットしたHmoonちゃん。
車をぶっ飛ばして買ってきてくれました。



保冷剤のせいで
少々固まったしまったフロスティングを
常温に置くこと15分ほど。
バタークリームがいい感じになったところで
いただきます。
Strawberry Squared、
うっま~。
中にもちゃんとイチゴの果肉が入ってるところがニクイ。
甘さ控えめ、スポンジしっとり。
他にもcurious Georgeという
バナナとチョコのコラボカップケーキや
ピンクシャンパンの変わり種、
定番のレッドベルベッド、
バニラなど6種類もいただきました。
ありがとう!
移動トラック、いつか
ミシガンにも遠征してくれることを祈ってます。

Flirty Cupcake
http://www.flirtycupcakes.com/#!


楽しかった日々

P1060397.jpgP1060396.jpg
P1060400.jpgP1060401.jpgP1060409.jpg
P1060389.jpgP1060412.jpgP1060416.jpg

土曜日から遊びに来ていたお友達が
シカゴに帰っていってしまいました。
子供たちの奇声や雄叫び、
熟女たちの笑い声で
賑やかだった我が家が
お友達がいなくなった瞬間、
お通夜のような静けさ。
去られるほうは相変わらず
寂しさ倍増です。
お友達といろんなもの食べました。
セルフサーブのアイスクリームに
私がミシガンで、いや全米1美味しいと思ってる
Ajishinのうどん、
一人分の水をデッカいピッチャーで
提供して度肝を抜かしてくれた
Plymouthのレストランのfish and chips.
どれもこれもおいしかった。
月曜日はアウトレットモールへ
行ったっけ。
ちょっと油断すると
店内を走り回ったり、
かくれんぼし始める子供たちのせいで
優雅な買い物とは
いかなかったけど
念願のグラサンを購入できました。
インディアンといっしょぐらい
ウソつかないJJちゃんが
私のサングラス姿を見て
変じゃないよと、言ってくれたおかげで
購入に踏み切れました。

子供たちも大人たちも
ケンカすることなく
楽しく過ごせた3日間。
夏休みの素敵な思い出になりました。





お友達訪問

シカゴから
JJちゃんとHmoonちゃん親子が
遊びに来てくれました。
この日を約1ヶ月前から
指折り数えて楽しみにしていたモーちゃん。
今日は朝から
あと何時間したらやってくるの?
あと何分?
攻撃。
我が家のドライブウェイにHmoonちゃんの車が
到着したのを見るや
裸足で駆け出して行きました。
Hmoonちゃんの娘の卯月ちゃんに最後に会ったのは
2ヶ月前とつい最近のことだけど
今回は慌ただしい前回と違い
ゆっくりみっちりスリープオーバー。
娘のテンション上がりまくり。
たっぷり楽しんでもらいましょう。

母親たちも楽しませてもらうわよということで
久しぶりの女子会、夜の部。
だんなに子供たちを預けて
日本の居酒屋へレッツゴー。
やっとこさ、居酒屋Hanzoデビューしました。



牛スジの煮込み、ゴーヤチャンプルー、
キムとん、ゲソの唐揚げ。
私にとって、初のゴーヤチャンプルー。
ゴーヤの苦みに
タマゴのまろやかさがマッチしてウマい!
他のお料理も、日本の居酒屋を思い出させてくれる味でおいしい。



〆はもずく雑炊。
汗かきながらフーフーして食べました。
出汁の味がよく出て
これも合格!
お料理+ビール(小ビン)で約40ドル(チップ別)
でお値段も素敵。
また行かなくちゃ。



女性陣が居酒屋で
ウヒャウヒャ騒いでる間、
子供たちはだんなといっしょに
ドライブインシアター。
日没の関係で映画が始まったのは
夜の9時過ぎ。
1本でも起きてれるのか?と心配なのに
なんと2本立て。
"Zoo Keeper"に "Cars2"。
絶対途中で寝るに違いないと思ってたのに
意外や意外、2本ともきっちり鑑賞したようです。
帰ってきたの夜中の2時近く。
小学低学年で夜遊びデビューさせてしまいました。
Hmoonちゃん、ごめんね。


結果

4名のゴーリー候補者の中から
2名のファイナリストにまで
選ばれたマー坊。
親子揃って大喜びでした。
またスプリングと同じチームでプレイできる、
仲良しのチームメート、素晴らしいコーチ陣に囲まれて
スキルアップできるのを楽しみにしていた息子。
昨日はファイナルトライアウト。
もう一人のゴーリー候補者と対等な実力を見せることができ
本人も私たち親も
かなり期待していたのですが。。。
先ほどコーチから電話をもらいました。
結果。。。残念ながら、不合格。
受かると信じてただんなは
コーチの生の声を聞かせようと
スピーカーフォンにしてたもんだから
マー坊、不合格通知をライブで聞いてしまった。
あのドライな息子の眼からポロポロ
大粒の涙が。
よほど悔しかったのでしょう。
いや~、私も悔しいよ。
このチームが大好きで、みんなといっしょにこれからも
長い間プレイしたがってるのが
すごくわかってたので、本当に残念。
肩震わせて泣いてる息子に
あんたはよくやったよ。
でも、もう一人のゴーリーもかなりの実力だったしね。
今回は縁がなかったんだよ。
なんて、説得力のない言葉をかけるのが精一杯でした。
結果報告のあとも
長々と電話でコーチと話してただんな。
合否の決め手を尋ねたところ、両者の実力は五分五分だった。
今回は体格(マー坊、チビ)で決めたと聞いて
な~~んか納得いかない私。
あ~、娘の体格と交換したい。(笑)

明日から、心を入れ替え
他のチームのトライアウトに挑戦していくマー坊、
落ち込んでたのは一瞬で
30分後にはテレビ見てゲラゲラ笑ってました。
いいんだか、悪いんだか。。。

Tryout



マー坊の9月から始まる
ホッケーのトライアウトに来てます。
もうそんな時期なのね。
今回も頑張ってトラベルチームに挑戦。
スプリングのときにプレイしたチームなので、
顔なじみが多くて、居心地が良さそうです。
1名のゴーリー枠に4名の候補者。
大丈夫か?
今のところ、あちゃーというプレイを
してないけど、
本人より親のほうが緊張してます。
がんばれ、息子。

最終日 Grand Canyon National Park

慌てて朝食を済ませ
朝8時にホテルを出発。
向かった先は、この旅のトリに相応しい
Grand Canyon National Park.
国立公園のことにぜ~~んぜん詳しくない子供たちでさえ、
グランドキャニオンの存在は知っていたらしく
訪れるのを楽しみにしていました。
(Sedona-Grand Canyon 約2時間のドライブ)
10時ちょっと過ぎに
グランドキャニオン到着。

P1060283.jpg

お約束の看板撮影。
グランドキャニオン、知名度も人気度も
他の国立公園に比べて
圧倒的に高いようで
入り口からすでに渋滞。
ビジターセンターも人、人、人!
シャトルバスも日本の市バス並みの混雑。
シャトルバス移動は諦め、私たちは自家用車で移動することに。
この時点ですでに
観光客少なめ、しず~かだった他の国立公園が
懐かしくなる。できるものなら戻りたい。

P1060288.jpgP1060308.jpg

グランドキャニオンってだけあって
確かにデカイ!
でも、写真撮ってるそばで
観光客が、ギャーギャーうるさい。
自然を満喫しに来ましたっていうより
有名な場所だから来ましたってノリの人が多いかも。
ま、どんな理由でもいいんだけどね。

P1060328.jpgP1060331.jpg

国立公園巡り、2度目のジュニアレンジャーに挑戦。
称号をいただくセレモニー。。。
子供の人数も多い。

P1060332.jpg

公園内のリスは観光客慣れしてるようで
すごい勢いで近づいてきたり
カメラを向けるとポーズをキメたり。
演技派。
なんかネガティブな意見が続くけど、
もうひとつ、いってみよう。
トレイルに挑戦しようと思ってたら
いきなりの横殴りサンダーストーム。
全身びしょ濡れになりました。
だんなも、グランドキャニオンには残念!の感想を持っていたようで
そそくさと巷での知名度、人気度ナンバー1の公園を
後にすることに。
滞在時間たったの5時間。(そのうち2時間はレストラン、ギフトショップ)
私にとっては3度目のグランドキャニオン。。。
再び行くことはないでしょう。。。多分。

P1060338.jpgP1060341.jpg

ラスベガスへ戻る途中、
ルート66の町、Williamsに寄り道。
フィフティーズな感じがして、なんともかわいい。

P1060352.jpgP1060346.jpg
P1060344.jpgP1060349.jpg

店内66グッズだらけのアイスクリーム+ダイナー。
ここの商品、すべて下2桁(セント)が66。
キッズメニューも全て、○○ドル66セント。徹底してます。
66だらけの町をフラフラしてたせいで
べガスに到着したのは
8時過ぎ。
最後に豪華にベラージオバッフェで夕飯といきたかったのに
11時20分のフライトが迫ってるため断念。
最後の晩餐はパンダエキスプレスでした。なんか寂しい。

P1060368.jpg

1週間ぶりのギンギラギン。
モーちゃんはやっぱり
ここに住みたいようです。
夢、叶うといいね。

午後11時25分発のデルタ2216便でデトロイトへ。
3時間ちょっとのフライトでも
時差の関係でデトロイト到着、朝の6時!
機内で少しウトウトしたとはいえ、
疲れマックス。
楽しかったバケーションだったけど
スケジュール激し過ぎました。
次回はもう少し、ゆっくりと。

旅日記終了!
読んでくれた人、ありがとう。


8日目 Sedona

セドナ2日目。
今日は移動がないので、のんびりしようと思ってたら
だんなが急に電話会議に出席しなくちゃならん!
言い出し、
子供と私、ホテルの部屋から追い出されました。

P1060138.jpgP1060128.jpg

ということで、
午前中はホテルのプールでパシャパシャしたり
ウィンドウショッピング+アイスクリーム食べたり。
わかりにくいけど、娘、
後ろにある少女の銅像の真似してます。
午後になって、電話会議を無事済ませただんなと合流。
今日は残り2つのボルテックスを攻めることに。

P1060145.jpgP1060151.jpg

Boynton Canyon
右の写真、手前の岩はカッチーナウーマンの岩、
女性エネルギーが強く出てるようで
子宝の岩と呼ばれてる。
後ろのどーーんと構えてる岩はノウルの岩。
男性エネルギーが強く出ているようです。
この2つの岩の間で瞑想すると
男性エネルギーと女性エネルギーのバランスが保たれるらしい。

P1060175.jpgP1060161.jpg

むずかしいことは置いといて
ハイキングは楽しい。
カッチーナウーマンの岩からの景色は最高。
下に見えるのは
高級リゾートとして有名なEnchantment Resort.
安室ちゃんカップルが滞在したところです。
セドナのダウンタウンからは少し距離があるけど
ボイントンキャニオンの麓に建つホテル、
環境抜群のロケーション。
レストランはゲスト以外でも利用できると聞いたので
セキュリティ付きのゲートを通過し
リゾートに潜入してみました。
リゾート敷地内にはミニゴルフ場があったり
お金持ちしかやらないであろうクリケットがあったり
私たちが滞在してるホテルとは
格式が違う。
(1泊500ドルぐらいからなんだろうな~って思ってたけど
あとから料金調べたところ。。。
1番安い部屋だと220ドルぐらいから。
無理したら1泊ぐらいはできたかも。いやいや、贅沢は禁物)

P1060184.jpgP1060187.jpg
P1060198.jpgP1060194.jpgP1060195.jpg

カジュアルレストランにお邪魔。
ランチは済ませてたので
ここでは、軽く。
私はセドナサンライズと呼ばれるカクテル、
サボテンのフライはだんなとシェア。
サボテン、初めて食べました。
見た目はインゲンっぽいけど、食感がオクラに近い。
味はくせがなく、おいしかったです。
少しゴージャス気分味わったあとは、
最後のボルテックス、Airport Mesaへ行くことに。
ここは、朝日、夕日を鑑賞するにはもってこいの場所とのこと。
日が沈まないうちに急げ。

P1060214.jpg

曇ってきたけど
夕日大丈夫かな。

P1060216.jpgP1060218.jpg

うねってる、うねってる!
大地から渦巻きのように
強いエネルギーが出ているため、うねってしまった木。
1番強いパワーが出てるはずなんだけど。。。
相変わらずなにも感じない私。
一応、なでなでしておきました。

P1060237.jpg

子供たちも必死に
なにかを感じようとしてるけど。。。
怪しいな。

P1060226.jpgP1060245.jpg

夕日によって
赤い岩がさらに赤く。
右、日没直後のマジックアワー。
鈍感な私は大地からのエネルギーを感じることができなかったけど
こういう雄大な景色を見てると
なにか元気がもらえます。

P1060259.jpgP1060265.jpgP1060263.jpg

セドナ、最後の夜は
カウボーイバーで有名な
Cowboy Clubで夕食。
西部劇でよく見かける、
両扉がバーーーンと開くドアがあってちょっと感激。
どれもこれもおいしかったけど、
乾燥した暑いセドナでは冷えたビールが
1番おいしかったです。


7日目 Sedona

ロンドンブーツの淳と安室ちゃんが
訪れたことによって、日本人の間で
一躍有名になったセドナにも足を伸ばしてきました。
セドナと言えば、
パワースポット。
ボルテックス(渦巻き)。。。
大地から強いエネルギーが渦巻きのように、放出されてる場所。
そのボルテックスがセドナには4つ存在するらしい。
(Cathedral Rock, Bell Rock, Airport Mesa, Boynton Canyon)
日本ではパワースポット巡りがブームらしいし、
ミーハーな私、体験してきました。

アンテロープキャニオンから
セドナまでは車で3時間ほど。
午後3時過ぎに無事到着。
赤い山々に囲まれたかわいらしい街です。
リタイヤしたお金持ちや芸術家が多く住むらしく
高級そうなユニークなお家がたくさん。

P1060120.jpgP1060121.jpg

ダウンタウン。
レストランやギフトショップが並びます。
ボルテックスの影響か
クリスタルを売ってる店が圧倒的に多い。

P1050962.jpgP1050963.jpg

メインストリートにある
"Sedona Crystal Vortex"という
わかりやすいというかそのまんまの店を覗いてみることに。
何百種類の石。石それぞれに効能(?)があって面白い。
各自、誕生石を購入してみました。

P1050989.jpgP1050985.jpg

ボルテックス巡りの前に少し休憩。
ホテルの裏にあるオーククリークで水遊び。
冷たくて気持ちいい~!

P1060018.jpg

さて、やってきました。
ボルテックス巡り。
まずはセドナの絵はがきには必ずといっていいほど
載ってる有名なCathedral Rock。
男性的なエネルギーと女性的なエネルギー両方
が出てるボルテックスらしいけど
若干、女性が強いらしい。
癒しと浄化が期待できるようです。

P1060148.jpgP1060154.jpg

トレイルの前には、
登山登録を記入する台があったけど
紙もペンもない!
誰も書いてる様子ないので、無視して出発。
トレイルから迷わないように1メートルおきぐらいに
道しるべがありました。

P1060031.jpgP1060033.jpg

段々、険しくなってきたけど
まだ余裕の子供たち。

P1060029.jpgP1060070.jpg

余裕じゃなくなってきてるモーちゃん。
Cathedral Rock。。。あとで知ったけど
かなりきついトレイルらしい。(4つのボルテックスの中では1番ハード)
ロッククライミング並みのトレイルに心の準備を
してなかった娘、途中半泣き。
約1時間(片道)お互い叱咤激励をしてがんばりました。

P1060048.jpg

やった~!
頂上に到着して、ひとり、物思いにふけるマー坊。
なにかムンムン、パワーを感じるのかと期待してたけど
どんだけ待ってもなにも感じず。
次の日買ったボルテックスの本によると
ボルテックスは山の頂上にあるのではなく
トレイルの途中にあるということでした。
勉強不足。
なにも感じることはなかったけど
苦労して登った山から見る景色は最高。
成し遂げた、達成感がきもちいい。

次に向かったのは
男性的エネルギーがハンパなく出てるBell Rock.

P1060079.jpg

ベルの形をしてるので、Bell Rock.
途中で日が暮れてきたせいで
ここは途中でギブアップ。
本によると、頂上にこだわる必要なしってことなので
(っていうかボルテックスはトレイルの中間に
あることが多い)
オッケーでしょう。
明日は残り2つのボルテックス巡りです。

P1060011.jpgP1050969.jpg
P1060143.jpgP1060269.jpg

本日の宿

窓からの景色が最高のホテルでした。
メインストリートに面してるので
お買い物や食事にもすごく便利。
フリーブレックファストの種類も充実してるし
文句なしのホテル。

Orchards Inn
254 North Highway 89A
Sedona, AZ 86336


6日目 Antelope Canyon

今日は楽しみにしていた
アンテロープキャニオン。
ナバホ族の土地にある渓谷のため
個人で訪れることはできません。
太陽の位置の関係で
幻想的な写真が撮れるのは数時間のみ。
11時半からのツアーがオススメと聞いていたので
前日に予約を試みたけど
遅過ぎた。
11時半はもういっぱいということだったので
午前9時半からのツアーに参加しました。
1時間半のツアー、家族4人で100ドルちょっと。

P1050948.jpg

Pageにあるツアー会社から
こんなのに乗ってキャニオンへレッツゴー。
15分ほどでナバホ族の居留区に入り、
ドライバー兼ガイドさんは、ちょっとした手続きと
車を四輪駆動に切り替えます。

P1050853.jpg

ガッタンガッタン、赤い砂漠を
約10分走ると
やっとキャニオンが見えてきた。

P1050935.jpg

キャニオン入ってすぐ
いきなり記念写真。
奥に進めば進むほど、幻想的な世界が広がります。
このツアー、10-15人(多いグループは20人ぐらい)の観光客に
1人のガイドさんがつくのが普通だけど
ラッキーなことに
私たちは、ひと家族だけ(ドイツ人4人家族)とガイドさんをシェア。
ほとんどプライベートツアー状態でした。
ガイドはリック、
40代ぐらいの気のいいおっさん。
キャニオンのオススメ撮影スポットを教えてくれたり
すすんで家族写真を撮ってくれました。

P1050896.jpgP1050941.jpg
P1050884.jpgP1050859.jpg

①バタフライ。
②リックがマー坊にこの懐中電灯を持ってここに立ってみて
と言いパシャリ。
撮れた写真を見てビックリ。聖火トーチみたいになってる!
③ジョージワシントンに似てると言われてる岩とにらめっこ。
④キャニオンと娘。

P1050921.jpgP1050937.jpgP1050915.jpg

どこにカメラを向けても
全てがアートになる。
1番右はモニュメントバレーと呼ばれる岩。
カメラを逆さにして
リックさんが撮影してくれました。
へ~、ほ~、すごいね~と感心しながら
パシャパシャ写真を撮ってたらあっという間に1時間半終了。
最初はツアーに100ドル以上も!って
ビックリしたけど
これは絶対行く価値ありです。


サマバケ 5日目

日の出を拝むために
目覚まし、5時半にセット。
この旅行、毎朝早いので、昼過ぎには
どっと疲れがやってきます。
眠い目をこすりながら
バルコニーの椅子に座って
待つこと数分。

P1050717.jpgP1050728.jpg

東の空がうっすら明るくなってきた。

P1050747.jpgP1050765.jpg

出ました~。
私は手を合わせ、だんなはブツブツ何かを唱え。。。
やっぱり怪しい。

P1050799.jpg

少し雲はあったものの
気持ちのいい晴天!
暑いことは暑いけど、空気が乾燥してるので
カラッとしてて快適な暑さです。

P1050815.jpgP1050817.jpg

朝食を食べた後は、
ホテルの周りをお散歩。
ナバホ族のホーガンと呼ばれる
伝統家屋があったので、お邪魔することに。
(実際、人は住んでません)
中はもちろん、エアコンなどあるわけもなく。。。
しかし、外は土壁で覆われ
中は密に木が組まれてる部屋は
天窓もあるせいで風通しがよく、涼しい!
ナバホ族の知恵、素晴らしい。見習わなくちゃ。(どうやって?)

ホテルをあとにし、
向かった先は
ナバホ族と対立していると言われる
ホピ族の村。
急にだんなが行こう!と言い出し。。。スケジュールめちゃくちゃ。
1時間ほどな~~~にもないところを
走ってやっと着いても
あるのは小さなホピ族のミュージアムだけ。
ホピ族の居留区では、写真撮影一切禁止。
人物はもちろんのこと、建物、道路さえ
撮影が禁止されてます。
ってことで記録なし!
ブロガーとしては不完全燃焼。
比較的明るい性格のナバホ族と違って
小さい頃から無駄口叩くなと育てられたホピ族の人たちは
一般的にとっても静か。。。っていうか無愛想。
でも、ミュージアムで会った
ホピ族のおじさんが
僕は日本人が好きなんだ。沖縄にも友達がいるんだよ
と満面の笑顔で話しかけてくれました。
言葉少なだったけど
人柄の良さが顔に出てる素敵なおじさん。
彼に出会えたおかげで
3時間の寄り道が無駄に感じなくなりました。

P1050847.jpgP1050840.jpgP1050841.jpg

夜は船を改造したピザレストランで。
(写真だと暗くて船だってこと全くわからないけど)
久しぶりに食後のデザート食べて大満足。

本日の宿 

P1050852.jpgP1050834.jpg

2年前に改装したばかりのようで
とってもきれいな部屋でした。
駐車場サイドの部屋だったので
眺めが車!ってのが残念。
フリーブレックファスト付きってのは、ナイス。

Days Inn and Suites Page/Lake Powell
961 North Highway 89
Page AZ 86040




sunrise



Monument Valley, 朝6時10分に
日が登りました。
部屋からの眺め。
すんばらしい。
この雄大な景色を子供たちにも
ぜひ観てもらいたかったけど…
無理やり起こして
ブツブツ文句言われたりしたら
神聖な日の出が台無しになるので
寝ててもらいました。
バルコニーで
だんなと一緒に
眺めた朝焼け。
お互い、ず~と無言。
この美しさは言葉では言い表せれません。
っていうか
旅も中盤に差し掛かり
四六時中顔つき合わせてるので
しゃべることなし。

午後からは
この旅で1番楽しみにしてる
アンテロープキャニオンにいってきます。

4日目 Monument Valley

4時過ぎにMesa Verdeをあとにし
次に向かったのはMonument Valley。
車で約3時間半の移動です。
1時間半ほど走ったところで、すこし寄り道。

P1050652.jpgP1050651.jpg

Four Corners.
4つの州の(Arizona, Colorado, New Mexico, Utah)
境界線が交じり合う全米で唯一の場所。
ここを訪れたお友達に感想を聞くと
ただ4つの州のプレートがあっただけ。
その他には特になにも。。。

っていうのがほとんど。
スケジュールも押してるので、すっ飛ばすつもりだったけど
意外にもだんなが行きたいと言い出したので
行ってきました。
ここはナバホインディアンの居住区域、
彼らに入場料を払います。
一人、3ドル。(子供も3ドル)

P1050648.jpgP1050643.jpg

逆立ちしてる人発見。
4つの州をまたぎたかったのか?
(またげてないし。。。)
意味不明な行動。
マー坊は、ちゃんと四つん這いになり
一気に4州制覇。おめでとう。
お友達の言う通り、これ以外は特になにもなし。
(土産物屋がちらほらあるだけ)
行く価値あるか?と聞かれたら、
う~ん微妙と答えるけど
話のタネにはなるかもね。

P1050675.jpgP1050670.jpg

モニュメントバレ-が近づくにつれて
だんだん西部劇ちっくになってきた。
ジョンウェインの西部劇を代表に
テルマ&ルイ-スやフォレストガンプなどが
撮影されたモニュメントバレー。
映画で観たことのある風景が
実際、目の前に広がると興奮します。

P1050663.jpg

母親がオ~、オ~と興奮してる中
息子はいたって冷静。
というか、DSに夢中で景色なんか見てやしない。
連れてきた甲斐がありません。

P1050680.jpgP1050683.jpg

日の入り少し前にホテルに到着。
夕闇に浮かぶモニュメントバレー。
部屋のバルコニーから、
こんな雄大な景色が。
日本の母にも見せてあげたい。

P1050711.jpg

夕飯はホテルのレストランで
ナバホ名物、
ナバホタコスを食べてみました。
ブルーコーンで作られた
やわらかいタコス(っていうよりパンに近い)
にたっぷり乗った具。
食べても食べても減らない。
3分の1でギブアップ。やっぱり歳取った。

P1050812.jpgP1050786.jpg
P1050701.jpgP1050775.jpg

本日の宿。
モニュメントバレー内にある唯一のホテル。
奮発して予約した甲斐がありました。
景色。。。すんばらしいの一言。
部屋からはもちろんのこと、
レストラン、ギフトショップ、どこからも
パノラマの景色が臨めます。

The View Hotel
PO Box 360457
Monument Valley UT 84536

P1050795.jpgP1050769.jpgP1050802.jpg

ロビーや部屋にはナバホインディアンのアートが
たくさん見られました。
かわいいブランケットにお人形。
似たようなのがギフトショップに
売っていたので、手に取ってみたら。。。
ブランケット2000ドル!
ごめんなさい。

4日目 Mesa Verde National Park

朝、久しぶりにのんびりしてたら
ホテルのフリーブレックファスト、食べ損ねました。
朝食が9時に終了するって早過ぎるんじゃ。。。
国立公園に来る観光客の行動は
朝型だから仕方ないのかね。
ホテルを10時に出発。
次の目的地はコロラド州のMesa Verde National Park.
約3時間半のドライブです。

P1050574.jpg

お昼過ぎに無事到着。
お約束の看板の前でハイ、チーズ。

P1050580.jpgP1050583.jpg

入り口で公園の案内と地図をもらって驚いた。
この公園、思ったよりもかなり広い。
ビジターセンターまで距離にして24キロ。
30分ほどクネクネした山道をドライブして
やっとビジターセンターに辿り着きました。
ここでは、遺跡ツアーの予約をすることに。
希望のCliff Palace Tourが夕方5時の部しか空いてないと言われたので
2時からのLong House Tourを予約。
ツアーの出発場所までも
かなり遠い。
ビジターセンターから40分ほど掛かりました。

P1050588.jpg

こんなツアーバスに乗って
Long Houseまでレッツゴー。
ちなみにツアーはお一人様、3ドル。
10分ほどガタガタ道を走ったら
一旦降ろされ、レンジャーさんに従い
トレイルを歩きます。

P1050593.jpgP1050594.jpg
P1050603.jpgP1050596.jpg

このとおり、結構断崖に近いトレイル。
ひゃーひゃー言ってるおじさんが約1名いましたが
子供たちは楽しんでました。
ハシゴを登って、やっとこさ
ロングハウスに到着。
ロングハウスとはプエブロインディアンが残した
断崖をくり抜いた一連の集落遺跡のことらしいです。
世界遺産にも登録されてるらしい。

P1050623.jpgP1050621.jpg

レンジャーさんが
昔の人の暮らしの様子や文化を
面白おかしく紹介してくれました。
そのおかげでレクチャー嫌いの子供も
興味深く聞いてて、感心感心。

P1050631.jpg

この公園で初のジュニアレンジャーに挑戦した子供たち。
年齢別に与えられた課題をこなすと
ジュニアレンジャーの称号と
バッジがもらえます。
バッジ欲しさにがんばりました。
写真はレンジャーさんと宣誓をする子供。

P1050629.jpgP1050628.jpg

ミュージアムには
たくさんのインディアンジュエリーの代表
トルコ石と珊瑚礁のジュエリーのディスプレイが。
トルコ石に目がない私(誕生石でもある)
ず~~~と見入ってしまいました。
ギフトショップでかわいいブレスレットがあったので
欲しかったけど
値段見て驚いた。800ドル!
インディアンジュエリーって結構な
お値段するのね。
トルコ石、甘くみてました。すいません。


3日目 Arches National Park

Bryce Canyon National Parkから
Arches National Parkまでは
約5時間の道のり。
国立公園ハシゴの行程で
1番長い移動時間です。
素晴らしい景色の中を走るとはいえ
さすがに5時間の移動はきつい。
持ってきたDVDを全て見終わった子供たちは
ヒマ過ぎて、ケンカし始めるし
夫婦間は会話なし。
あ~~、疲れた~(この日は朝5時半起きのため)
と思ってた頃
やっとArches National ParkのあるMoabに到着。
公園に行く前に
ホテルにチェックインし、少し休憩。

P1050465.jpgP1050460.jpg

5時半に到着したアーチズナショナルパーク。
6時にビジターセンターが閉まってしまうというので
30分ほど閉店までギフトショップ巡り。
見るもの全て欲しがる娘を諭すのは大変です。
唯一、夫婦揃って、かわいい~、これ買お!と思った商品がこちら。

P1050467.jpg

レンジャーの制服を真似たTシャツ。
子供たちはちょっと恥ずかしがってたけど
親が気に入ってしまい、無理矢理購入。
本物のレンジャーさんと写真撮影して大満足。(親が)

P1050478.jpg

クネクネ山道を登っていくと
最初の見所
パークアベニューがどかんと登場します。
ニューヨークの摩天楼を彷彿させるということで
この名前がついたらしい。

P1050500.jpgP1050507.jpg

Balanced Rock.
いまにも、上に乗っかってる岩が落っこちてきそうな
すごい迫力。
こんな岩を作ってしまう自然ってのは。。。
すごい。としか言いようがない。

P1050494.jpgP1050497.jpg

持ち上げたり、押してみたり。


もう少し、右、あ、もうちょっと上
子供に指示を出してる親を見て
周りの人は不思議そうでした。

P1050521.jpgP1050510.jpg

ユタ州のライセンスプレートに描かれてるほど
有名なDelicate Arch.
約5キロのトレイルを歩かないと
雄大なアーチを拝むことができません。
急に雲行きが怪しくなり、
雨がポツポツ降ってきたので
残念ながらトレイルはパス。
遠くからズームで撮影したけど
全然迫力が伝わってこず残念。

P1050535.jpg

Fiery Furnace View Pointから見たサンセット。
まるで燃えているよう。

P1050554.jpgP1050558.jpg

なぜかすごく気に入ってしまったBalance Rockに戻り
日が落ちた後の姿を見物。
神秘的だ~。

P1050459.jpgP1050458.jpg

本日の宿。
Super 8 Motel
889 North Main St
Moab UT 84532

モーテルなのに、シーズン中ということで
100ドル以上。
観光客で賑わってました。日本人もちらほら。

アーチズ国立公園のあるMoabという町、
小さいながらもかわいいお店がたくさん。
ダウンタウンのあたりは
カフェやバーがあって若者がウジャウジャ。
この日の夜はMoab Breweryというレストランで
地ビール飲みながらいい気分になりました。

P1050566.jpg

私の頼んだフィッシュサンドイッチ。
久しぶりにおいしいもの食べた。

3日目 Bryce Canyon National Park

P1050293.jpg

ブライスキャニオンの目玉、日の出を見に
朝5時半起床。
昨夜寝たのが1時過ぎだから睡眠時間4時間ちょっと。
国立公園巡りは体力勝負です。
眠い目をこすりながら、5分ほど車を走らせて
公園に到着。

P1050298.jpgP1050300.jpg

入り口から約5分のところに
サンライズポイントがありました。
日の出待ちの人たち。
朝夕冷えるとは聞いてたけど、本当に寒い!
フリース着ててもブルブルッ。

P1050314.jpgP1050310.jpg

段々、空が明るくなってきました。

P1050328.jpg

出た~!
なぜか手を合わせて拝んでしまいました。
だんなもなんかブツブツ呟いてるし。。。
怪しい家族。

P1050329.jpg

日が登るに従って
色鮮やかになるキャニオン。
光と陰によって、全然違う印象になるキャニオン。
ずっと見てても飽きない。

P1050340.jpg

そんな断崖絶壁に近寄るな!
とだんなにうるさく言われながら
激写した1枚。
高所恐怖症だから仕方ないとはいえ
男のくせに怖がり過ぎ。
日の出を拝んだ後は
公園の最終ポイントRainbow Pointまでドライブ。

P1050370.jpgP1050367.jpg

途中でナチュラルブリッジを見たりして
約25キロのドライブを楽しみました。
朝早いせいか、公園内の道路、
ビューポイント、人が少ない!
国立公園、我が家の貸し切り状態。(笑)

P1050395.jpg

レインボーポイント到着~。
柵があるため、ちょっと余裕のだんなと
柵がなくても崖っぷちなんて
平気の娘。

一旦ホテルに戻り
朝食をかっこんで
ホテルの前にあるギフトショップをフラフラ。

P1050408.jpgP1050418.jpg

西部劇で見るような昔の町並み風のお店。
子供たち、ギャーギャーうるさいので
牢屋にぶちこんでみました。
入獄しても、まだうるさい。

P1050422.jpgP1050429.jpg
P1050433.jpg

公園に戻り
早朝、暗くて撮れなかった
公園のサインとハイ、チーズ。
サンセットポイントからの眺め。
ここではキャニオンをどんどん下っていく
rim trailに挑戦する人がたくさんいました。
私もやりたかったのに、
これだけは勘弁と
絶壁に弱い人が約1名。
なので、ただ眺めるだけ。
1時間ほど眺めてても全然飽きない。
(写真より3倍は美しい)
ずっといたかったけど
そんなわけにもいかないので
次の目的地、Arches National Parkへ向かうために
ブライスをあとにしました。



2日目 Zion National Park

Best Friend Animal Societyを出て
30分ほどで待ちに待ったザイオン国立公園に到着。

P1050234.jpg

公園の入り口で入場パスを購入します。
1つの公園につき25ドル。
今回、私たちはいろいろ回るので
全国の国立公園どこでも1年間行きたいだけ、
行ってちょうだいパス85ドルを購入しました。

P1050228.jpg

まずはビジターセンターに行ってみることに。
すごい迫力の山々が迫ってくる。
窓全開にして、気持ちいい空気を満喫。
段々、道がクネクネしてきて
大変になったきたところに
展望エリアがあったので、少し休憩。

P1050229.jpgP1050216.jpg
P1050222.jpgP1050241.jpg

展望エリア。。。
ビーチサンダルで余裕かましてたら
甘かったです。
傾斜がかなりきつい。
(マー坊の写真はやらせ。岩に登ってるフリ)
高所恐怖症のだんなが
ヒャーヒャーうるさいので
早々に引き上げました。
(どうやら、だんな、絶壁系に弱いらしい)

P1050239.jpgP1050242.jpg

ビジターセンターから出てる無料シャトルバス。
キャンプ場やロッジ、トレイルなどに
連れて行ってくれます。
私たちは最終地点のTemple of Sinawavaまで行ってみることに。
夕方過ぎだからか
バスの中はガ~ラガラ。
雄大な景色の中を走ること約45分、
最終地点に到着。

P1050280.jpgP1050283.jpg
P1050261.jpgP1050266.jpg

Temple of Sinawava、
寺院かなにかあるのかと思ったら、
なかった。
ただ単にそういう名前?
ここでは舗装された約1.6キロのトレイルを歩いてみました。
トレイルの横を流れるバージン川で
ちょっと水遊び。
冷たくて、きもちいい。
だんなは、この水はきれいだ!
飲んでみる!
と言って飲んでました。
おいしかったらしい。よかったね。
本当だったら、
今頃、次の目的地Bryce Canyon National Parkに
いるはずだったけど。。。いまだZion.
雲行きも怪しくなり
激しい雨も降ってきた。(山の天気は変わりやすい)
土砂降りの夜道3時間ほど
ぶっ飛ばして夜の12時近くに
ホテルに到着。
あ~疲れた。

P1050291.jpgP1050288.jpg
P1050405.jpgP1050406.jpg

本日のお宿
Best Western Bryce Canyon Grand Hotel
30 North 100 East
Bryce Canyon UT 84764

公園の入り口から5分という
ナイスな立地条件。
フリーの朝食も種類豊富でグッド。



サマバケ2日目 寄り道

サマーバケーション2日目。
予定では朝の9時には
ザイオン国立公園に向けて
ホテルを出発するはずが
またのろのろしてるせいで
1時間遅れ。
時間にルーズなだんなと行動するとイライラします。
ラスベガスからユタ州のザイオン国立公園までは
約3時間のドライブ。

P1050135.jpgP1050143.jpg

ギンギラギンのべガスから30分も車を走らせると
山や砂漠が現れ、ザ.自然。
べガスが砂漠の中のオアシスと呼ばれるのが納得。
アリゾナ州突入!
と思ったら、あっという間にアリゾナ州を抜けて
ユタ州にお邪魔します。
私にとって、初のユタ州。
ザイオン国立公園までもう少し!と思ったら
だんながあるところに
寄りたいと言い出した。
Best Friends Animal Societyという
路頭に迷ってる動物たち(犬、ネコ、鳥など)を保護し
アダプションの仲介をしてるという施設。

P1050172.jpgP1050181.jpg

広大な敷地の中にその施設はありました。
動物用の宿泊施設の他に
レクレーションエリア、ジム、病院
お墓まである。
その広大な敷地にある施設を
ツアーバスに乗って約1時間半の見学。

P1050177.jpgP1050178.jpg
P1050186.jpgP1050187.jpg

飼い主に捨てられたペットや
野良猫などが
素晴らしい環境で保護されてます。
動物好きのモーちゃん、
見る犬、見るネコ、全部引き取りたいと言い出した。
ムツゴロウさんじゃないんだから無理です。
お金もスペースもないので
引き取るのは無理だけど
少しでもお役に立てればと思い少額の寄付。
全ての動物たちが
安らかな時間をここで過ごせますように。

お昼過ぎにはザイオン国立公園に到着してるはずだったのに
この時点で4時半!
スケジュール、我が家には
あってないようなものです。

2日目パート2へ続く。

ラスベガス

夏の一大イベント、
べガス、グランドサークルの旅にいってきました。
だらだらと旅日記、
書いていきたいと思います。

デトロイト12時21分発のデルタ2317便で
ラスベガスへ出発。
約3時間半のフライトです。
持ち込んだDVDのおかげで
子供たち、かな~り静か。
あっという間にべガスに到着。
時差が3時間あるので
なんか得した気分。
べガス初の子供たち、テレビや映画で見たことのある
建物が並ぶストリップに大興奮。
モーちゃんはギフトショップの多さに
大喜びで
ここに住みたいと言い出すほど。

P1030992.jpgP1030989.jpg

観光客丸出しで
まずは有名なWelcome to Las Vegasの前で記念撮影。
何度も訪れてるべガスだけど
このサインといっしょに
初めて写真撮りました。大満足。

P1050003.jpgP1050010.jpg

次は前々から行ってみたかった
チャペルへ。
私の永遠のアイドル、Jon Bon Joviが
挙式をしたGraceland Wedding Chapel.
Jon Bon Jovi以外にも
トークショーのホストでお馴染みのJay Reno
Miley cyrusのお父さん、Billy Ray Cyrus
が結婚式を挙げたらしいです。
すでに結婚してる人も
199㌦でもう1回結婚できるわよ~って
言われたけど。。。
やめときました。



だんなではなく
息子とツーショット。

P1050128.jpgP1050020.jpg
P1050023.jpgP1050122.jpg

べガスでの宿はMGM Grand.
客室数6800室以上の巨大ホテルらしいけど
特にオ~~!という感動もなく
普通のホテル。
(リーズナブルな部屋だからか?)
でも、だんながフロントでごねてくれたおかげで
ストリップのなかなか素敵な景色を部屋から
見ることができました。

P1050106.jpgP1050108.jpgP1050110.jpg

次の日の朝、
はりきって挑戦したホテルのブレックファストバッフェ。
歳取ったのを実感。
どうがんばっても二皿が限界でした。
朝から肉(それも二切れ)食べてたら上等?
デザートも皿から溢れてるし。(笑)

P1050046.jpgP1050070.jpg

べガスの夜は眠りません。
Treasure Islandの海賊ショーや
Bellagioの噴水ショーを
観光客の波にもまれながら鑑賞。
こっちの夜9時は、ミシガン時間でミッドナイト。
子供たちだけではなく
親もかな~~り疲れてきた。
でも、夕飯食べ忘れてたのに気付き
夜の9時過ぎに変わり種ホットドッグで
お馴染みのPINKで夕飯。
しつこいけど、ミシガンはもう夜中の12時過ぎ。
そんな時間にホットドッグ。
体おかしくなります。

P1050095.jpgP1050093.jpg

私の食べた、マッシュルームスイスホットドッグ。
見たまんまの味。
モーちゃん、疲れ過ぎて放心状態。
11時にホテルに戻り
バタンキュー。
明日からはグランドサークルの旅が始まります。



IN-N-OUT Burger



ファーストフードなのに
かなり待たされたけど
やっぱりおいしい♩
3時過ぎに入った店内、相変わらず激混みでした。
ほとんどの人がカメラ片手に
バーガーかぶりつき。
観光客だね。

今日からベガスに来てます。
夜の街をエンジョイするのは今日1日だけ。
明日から自然とたっぷり触れ合うために
グランドサークルの旅に出発。
楽しみ~。
ひとり、ギフトショップが溢れんばかりの
ラスベガスが大層気にいってしまい
グランドサークルになんか
行きたくないって言ってる人がいますが。(笑)
今からストリップの散策にいってきます。


いっぱい遊んだ1日

ヨガの終わっただんなと
ひと足遅れてサバンナ入りした
ばあちゃんじいちゃん、子供たちと合流して
向かった先はTybee Island.
サバンナから車で20分程走ったところにある小さな街。



突然、ビーチボーイになったマー坊、
ここの海岸でも大はしゃぎ。
…予期せぬ大波に押し流されるまでは。
海をなめたらいけません。
怖気づいたマー坊、
その後はおとなしく砂の城作ってました。



ビーチの帰りは
バッティングケージで
空振りの練習したり



パットパットゴルフをしたり。
明日はもうミシガンに向けて出発ということで
遊び倒しました。
この滞在でのハイライトは?っていう質問に
"グランパといっしょにゴルフをしたこと!"
と発言したマー坊。
じいちゃん、と~ても幸せそうでした。
ちなみに、もーちゃんは
"今すぐ思いつかないので、時間をちょうだい"
だって。
あ~、かわいくない。


Back in the Day Bakery




ライブで更新中。
また、だんながヨガをしにサバンナに行くというので、
ついて来ました。
ばあちゃんじいちゃん、子供たちは
午後から合流予定。

2時間ほどのひとり時間…
気になっていたベーカリーに行くことに。
今、そこから地味にタイプ中。



目的は、カップケーキ。
あるサイトでは4つ星半の評価をもらっていたので、
かなり期待。
少ない種類の中から、レッドベルベッドをセレクト。
見るからにあっまそうだけど、
大丈夫でしょうか?
…大丈夫じゃなかった。(泣)
フロスティングが甘過ぎる。
スポンジ部分はしっとりしててOK
がんばって苦いコーヒーで流しこみました。完食。
お店はメルヘンチックですごく可愛いのにね~、残念。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

yuko

Author:yuko
愛知県名古屋出身のアラフォー女。
1999年結婚を機に、シカゴに移住。
2006年9月、夫の転勤で
デトロイト郊外に
引っ越してきました。
2011年9月からフルタイムで
働きに出ることに。
大好きな昼寝ができなくなって
悲しんでます。
家族構成・・・
43歳の夫、15歳の息子、
14歳の娘、9歳の雄犬
趣味 モデルハウス巡り、食べること、
昼寝、旅行

だっくくろっく

カレンダー(月別)

06 ≪│2011/07│≫ 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

Wedding Anniversary

*script by KT*

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。